IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
現在スモラバ職人!!の巻

野尻湖戦が終わったと思ったら、例の大事件があり、事後処理に追われる内に気が付いてみれば、亀山戦まであと
2週間ちょっとになってしまった。全く予想外の展開に準備も全然進まず、こんなんで本当に試合に出れるのかと不安になってしまうのだが、周りの方々のサポートのおかげで何とかなりそうです。
しかし、かなりやっかいなのが「スモラバ」!!
僕の魂の入りまくった「スモラバ」・・ウエイト別にガードの強さを変えてあり、なおかつそれぞれラバーの太さが2種類、そして太いほうのラバーはオリジナルカラーに染め直してある。数にして約70〜80個くらいか?ここまで来るとさすがにすぐに元通り!とはなかなか行かず、現在、スモラバ作りに追われ、職人と化している毎日です。

せっかくなので、今回はスモラバ職人阿部流のスモラバ作りをちょっとだけ・・

僕が使うのは1/64、1/32、3/64、1/16、1/13、1/8の6種類のジグヘッド。
今はザップ社の「インチ」を使ってます。このジグヘッドにハンドドリルでガードを入れる穴を開けます。(0.6〜0.7mm)
ジグヘッドの自重により根がかり率は違うので、軽いものは細いガードを一本、重くなるにつれガードを太くし、
3/64からはガードを2本にしている。おっと、これは根がかり覚悟の超メンター仕様なのでガードは少し強めに作った方がたぶん使いやすいです。
※注:ガードを入れるのは最後です!

穴あけ作業
穴あけ作業が終わったらバイスに固定してラバーを巻いていきますが、ラバーの太さ、量に関してはハッキリ言って好みによるのでいろいろ試して下さい。ちなみに僕はクリアな湖用は視覚重視で細いラバーを、マッディな湖用は波動重視で太いラバーを巻いている。
今のところはこれで合っている気がするが満足はしていないのでまだまだ変わるだろう。
そしてけっこうおススメなのがカラーチューンだ。
僕はシリコンラバーをワームを染める液で染めてオリジナル手長エビカラーに染めているが、ベースのラバーの色、
染める液の色でいくらでも好きなカラーが出せるので自分だけの爆釣カラーを探してみるときっと楽しいですよ!!

阿部オリジナル手長エビカラー!!
水中で青ラメが怪しく光る!激釣!
出来ればジグヘッドの形からフックの形、ラバーに到るまで完全にこだわりまくった爆釣阿部モデルのスモラバを作ってみたいものですね!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ