IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
いまさら聞けない!ベイトフィネス! の巻

ガイドも始まり、ようやく釣りモードに突入しました♪
やはり春の到来はかなり遅れていて苦戦気味ですが春はもうすぐそこまで来ていますよ!あと少しの辛抱です!

さて、そんな中、最近よく聞かれるのが「普段スピンコブラでパワーフィネスをやっているのですが、阿部さんもベイトフィネスってやるんですか?」とか「ぶっちゃけベイトフィネスって必要なんですか?」といった質問です。そこで今回のシャローボムでは、ベイトフィネス全盛の今、今さら聞けない!そんな方の為に改めてベイトフィネスの有効性等々を解説してみたいと思います♪

皆さんご存知のように僕は完全なるパワーフィネス派でした!ですが現在はベイトフィネスも取り入れて両方を使っています。その使い分けの辺りに阿部流ベイトフィネスのキモがあります。

東レからはベイトフィネス専用ラインもリリース!
1ポンド毎の細かい設定で、より多様なシチュエーションに対応出来ます!
柔らかく扱い易さも抜群です。

一般的にパワーフィネスは、スピニングタックルで強度のあるPEラインを使用しスモラバやノーシンカー等々の軽量ルアーをカバーに入れ、普通のテキサスやジグには反応しないバスを狙うというテクニックです。ところが、そんなカバーに対して抜群の強度を持つPEラインにも苦手なストラクチャーがあります。
霞ヶ浦系に良くある錆びた鉄杭やテトラ、岩等の硬い?ストラクチャーです。これらに擦れるとブッシュ等には抜群の強度を誇るPEでも意外なほどあっさりと切れる事が多いのです。そういった硬いストラクチャーに対しては、ポンド数の比較よりも単純に糸の直径の太いフロロの方が強度を発揮する場合もあるのです。と、なると、ベイトの方がイイじゃん!と、なりそうなものですが、それを邪魔していたのがベイトリールの性能的な問題です。カバー攻略に必要な強度を出す為にラインを太くすると軽量ルアーの扱いが極端にしづらくなり、ピッチングすらままならない上にルアーをフォールさせる事もひと苦労、となってしまうのです。結果、扱い易さに勝るスピニングでのパワーフィネスにたどり着いたのでした。

そして!近年のベイトリールの進化です。セッティング次第で2g程度の重さのルアーでもほぼストレスを感じる事もなくベイトタックルでのキャストが可能になり、ベイトタックルの可能性が大きく広がりました。

ベイトフィネスの具体的なメリットとして僕が一番感じるのは何と言ってもキャストのアキュラシーです。スピニングでパワーフィネスをする場合、カバー奥を狙うスピニングのピッチング等にかなりの慣れが必要で、一部のテクニカルなアングラーのテクニックという感じがありましたが、ほとんどの人はキャストの距離感や精度はベイトタックルの方が上なのでパワーフィネス的な釣り方が、ぐっと身近なモノになったと思います。
僕がベイトフィネスを取り入れたのもこれが一番の理由で、3〜5gとやや重めのアベラバを使う事でスピニングでのパワーフィネスよりも明らかに遠くから正確にスポットを狙える様になりました。

僕と同じように食わず嫌いであと一歩にお悩みの方は、まずは1度チャレンジしてみて下さい!・・って怪しい通販みたいですね(笑

僕の場合、1〜2gのアベラバを使う時は今まで通りスピニングのパワーフィネスで、3gからはベイトフィネスも使い、カバーの種類等も考えてウッド系の濃いカバーはPEでスピニング、テトラ等の硬いカバーはフロロでベイトフィネス、と、いいトコ取りで使い分けています。このいいトコ取りというのも大切なポイントで、例えばオープンエリアのディープを狙うならば明らかにスピニングで細いラインを使った方が感度は上だし、シャッドでも深いレンジを狙いたいならスピニングで細いライン、霞ヶ浦等の全体的に浅い湖で、しかも杭等もあるならベイトフィネスで、という具合に阿部流ではそれぞれの特性を生かした使い方をオススメしています。これからベイトフィネスをやりたい!という方も多いと思いますが是非参考にして下さいね♪

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ