IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
阿部的メタルバイブ考察!の巻

ようやく暖かい日がポツポツと混ざり始めた今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

例年に比べて全国的にかなり寒かったこの冬は雑誌やWebでもメタルバイブという名前を見る事が多く、各社揃ってのメタルバイブ祭りが繰り広げられておりました。「そうか!冬はメタルバイブか!」と新たにチャレンジされた方も多かったのではないかと思います。
これからの季節はやはりシャッド系の出番がどうしても多くなりますが、いえいえまだまだ!釣行日が三寒四温の三寒の部分に当たってしまった場合等にはエリアも釣りかたも一気に冬に逆戻り?という状況もまだまだありがちです!!

そこで今回のシャローボムでは、そんなメタルバイブをテーマに「イマイチメタルバイブの使い方が分からない」或いは「本当にこれで合ってるの?」と感じている方の為に阿部的メタルバイブ術?を紹介したいと思います。

基本的に阿部流のメタルバイブの使い方は2つ!
巻くかキザむか?です。 これはバスの反応に合わせて使い分けるのですが、ボトムスレスレをゆっくり巻くだけのお手軽釣法がまず1つ。これで反応があるならばそのまま続行でヨシ。問題はもう1つの方です。今年のようにとにかく水温が下がりまくり、最低水温に近くなった時や、或いは春が近づくこれからの時期でも急激かつ強烈な冷え込みによってバスがマヒしているのでは?と思うような時にはパターン2の「刻む」方法が必要になります。
「刻む」と表現した事の意味は、水中の状態を出来るだけ的確にイメージして欲しいからです。僕のイメージでは、こんな冷え込みの中のバスは活発にエサを追う事はせず、ボトムやストラクチャーにぴったりと張り付いてマヒに近い状態になっている事が多いように思います。従って、仮にルアーが近くを通ってもワザワザ追いかけてバイトするような事はほとんどありません。アングラーが、「バスは動かない」というイメージを持って、目の前に送り込む事がチャンスを増やします。この魚をリフト&カーブフォールで狙っていくのですが、バスが果敢にルアーにアタックする釣りではないのでリフト&カーブフォールのリフトのピッチは30センチ程度で十分です。ほとんどのバイトはフォールに集中するのでピッチを細かくしてフォールの回数を増やす事がミスバイトを減らしバスの目の前にルアーが入る確率も上げます。フォール中にバイトがあり、次のリフトに移ろうとしたら「ヌッ」とボロ雑巾が引っ掛かったようなイメージでバイトが出る場合が多く、そこでフッキングという流れですね♪

ちなみに、ワタクシの場合ハイプレッシャーな関東という事もあり、バスがキラキラを嫌う場合も多く感じる為、黒く塗ったバージョンを愛用しております。

写真はアベチューンの黒メタピラです。

バスの反応を見ながらキラキラと使い分けしています。ワームを使ったライトリグに極端に反応の悪い時にハマる傾向があるのもメタルバイブの特徴なので覚えておくとイイですよ?
春まであと少し!メタルバイブマスターになって下さい♪4月中旬まではガイドでも特訓可能ですのでご希望の方は遊びに来て下さいませ!!お待ちしております。

アベガイド3月、4月の空きスケジュール

3月14、18、19、20、25日
4月26、30日

ご予約申し込みは、お名前、希望日、ご連絡先を添えてabe-guideservice@docomo.ne.jpまでメールにてどうぞ!
「ご予約確認出来ました」の返信で予約完了となり、予約日の数日前に打ち合わせのご連絡メールをさせて頂きます。
場所:高滝湖 時間:AM6:00〜pm4:00
料金1名様\30000円、2名様\34000円(保険、遊魚料込み)

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ