IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
春爆発カウントダウン?の巻

ここ数日いきなり春になった感じの暖かな日が続いていますね!3月に入り、セミナーに始まり、ガイド開始と共に僕の今年の初戦、10日のjb霞ヶ浦、翌週のマスターズ河口湖戦の準備と、横浜フィッシングショーまで一気に忙しさMAXの日々へと突入しました。春は例年こんな感じになるのですが、いきなりの変化にドっと疲れますがシーズンの開幕にドキドキ楽しくもあります。
今年は特に試合に集中していこうと思っていますので変わらぬ応援を宜しくお願い致しますね。

さてようやくスタートしたガイドの方はというと、遅れに遅れた春のスタートとなりましたが、腰の重かったバス達も産卵を控えたワカサギ達につられてようやく少しづつではありますが動き始めました。

春爆はまだ少し先?っぽく現在は、少ないながらも産卵を意識して遡上を始めたワカサギを狙うバスを、ノーシンカーで狙う早春のビックバスパターンがメインとなっています。


毎年紹介していますが、ワカサギをイメージしたパターンでは圧倒的に釣れるワームがいくつかあります。まずはハドルフライ!ハドルフライは意外に遠投性能が高いので、それを生かしてロングキャストし、巻物的にゆっくりと巻いて使うのが定番で、ハドルテールの微波動がワカサギに似ているのか、アピールが弱そうに見えて強烈にバスを呼んでくれます。同じ系統のローテーションとして登場するのがアンクルミノーとレインボーシャッドで、アンクルミノーはアンクルテールとボディのリブで、レインボーシャッドはレーシングワカサギと同様にシンセティック(毛)の起こす水流による微波動でバスを誘います。ローテーションする事で当たりワームを見つけられる確率もグンとアップしますよ♪春先はピンク系に反応が良い事もお忘れなく。


最近の僕のお気に入りはニードルシャッド(リアルカラー)を使ったI字系またはドリフトの釣りで、ブッチギリの釣果を上げています。ニードルシャッドはリアルカラーがノンソルティー、ノーマルのワームカラーはソルティー仕様となっているので、表層ピクピクやドリフトにはノンソルティーのリアルカラーをメインとし、若干沈めたい等、レンジを下げたい時にはソルティーモデルを使ったり、フックサイズを上げたりしながら沈み具合を微調整し、バスのご機嫌に合わせて使います!!


特に効いているのが上下逆さまにマスバリにセットしたI字仕様で、ロールさせずに使うのがキモです。バスがワームを発見して涌いて来たら、アンドロイドの時と同じように逃走アクションでリアクションを狙うか、全く動かさずに食ってくれるのを待つかのどちらかで食わせます。放置する場合はフォール速度がキモで、とにかくゆっくり漂うように沈める事もポイントです。
まだ水温が低いためノーシンカーが中心ですが、今後水温が上がり12度前後になればいよいよシャッド祭りの開催です!ガイドの方も残り日程が少なくなりましたが、是非遊びにお越しください♪お待ちしてます!



アベガイド3月4月の空きスケジュール

3月18、19日
4月15日

ご予約申し込みは、お名前、希望日、ご連絡先を添えてabe-guideservice@docomo.ne.jpまでメールにてどうぞ!
「ご予約確認出来ました」の返信で予約完了となり、予約日の数日前に打ち合わせのご連絡メールをさせて頂きます。
場所:高滝湖
時間:AM6:00〜pm4:00
料金1名様\30000円、2名様\34000円(保険、遊魚料込み)

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ