IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
晩秋〜初冬のワカサギレイク攻略法!の巻

皆さんこんにちは!いよいよ11月も終盤戦、気が付けば今年も残り1ヶ月ちょいとなりましたがいかがお過ごしでしょうか?

ワタクシは連日ガイドに出撃中ですが朝イチにはボートにも霜が降り始め、いよいよ湖にも冬の気配がして来ました!


そんな中での最近の釣れ筋ネタとしては!先週もお伝えした冬の風物詩、スーキラやジレンマスティープ、スーパースティープ等のディープ系シャッド、鉄板のジャバシャッドJH、キャロでのハドルフライやアンクルミノーとワカサギレイクらしいネタが好調となっています。ずっと同じネタですが、散々試してやっぱりそこにたどり着く最強ネタで、先週も関東メジャーレイクでは価千金の50アップが飛び出したりもしています。


それぞれが日々のガイドの中で実績を上げている一軍ネタなのですが、もちろんただ投げて釣れる訳ではなく、最大限にポテンシャルを発揮させる為のツボがあります!エリアやリグ、釣り方まで、どんどんストライクゾーンの狭くなるこれからの時期に備え、前回はスーキラの話でしたが、今回のシャローボムでは、全国のワカサギレイクに通う皆さんに向けて秋〜初冬のワカサギレイク攻略法と、これらのネタのアベガイド的使い方を紹介したいと思います。


高滝湖はかなりのワカサギ依存型レイクでバスの動きもワカサギの動きにはっきりと左右されます。したがって秋〜初冬もワカサギの動き方や癖を知る事がバス攻略にも非常に重要となります。これは全国のワカサギレイクでも一緒でしょう。


高滝湖に浮き続けて気付いた事ですが、ワカサギは水が濁ると群れが「浮いて散る」状態になり、水質がクリアになるにつれ群れとなりレンジも深くボトム付近に落ち着いて来ます。他の湖なら普段良く釣れるフラットエリアに戻る、という事でしょうか。ワカサギが浮いて散らばった状態の時はバスも浮いて散るのか、はたまた行動を別にするのか完全に見失ってしまう事が多く、ようやくワカサギがかたまって落ち着いて来たかな?と、思うと、ほとんどの場合、その翌日くらいにはバスのスクールも現れます。そしてまた雨や爆風によって濁りが入るとワカサギは散り、バスもあっという間に姿を消します。何だか、寒い冬に無駄なカロリー消費を抑えて効率良く補食しようとしているようにも感じます。つまり冬のコンディション的な狙い目は、天候が落ち着いて水質もややクリアに落ち着いている状態が狙い目!という事になります。


もう1つのキーは水温。いきなり霜が降りたような急な冷え込みはやはりNGで、経験上、低いなりにも安定した天候が3日続くとバスが動きだすように感じます。面白い事に高滝湖のワカサギ名人の方もワカサギの動きを全く同じように言っていました。冷水に強いはずのワカサギですら3日目にようやく動き出すとすれば、変温動物である魚が水温に慣れるのがだいたい3日?という事なのかも知れませんね?
とにかく、これからの時期は、急な天候変化がなく同じような天候が続いた3日目からが狙い目という事でしょう。
毎日浮いていても当たりハズレは面白い程に顕著に出るので、当たり日を狙う事は重要です。


リグは、シャローボムやマニアでいつも紹介しているジャバシャッドのジグヘッドやハドルフライ、或いはアンクルミノーのキャロ等々なので皆さんご存知かも知れませんが、具体的な使い方としては!ズバリ、それぞれのルアーの持つ武器を最大限に活かす事が最も重要です。ハドルフライの最大の特徴は?そう、ハドルテール。つまり泳がせてナンボという事で、ワカサギ絡みの釣りの重要なキーである横への動き、スイミングに相性抜群!DSでも良く釣れますが、ワカサギレイクで使うならキャロで使う事をオススメします。同じようにテールに特徴を持つアンクルミノーもキャロやスプリットが相性抜群。スイミング時にテールから発生する微波動がかなりワカサギライクなようです。これらの釣りが横への食わせならジャバシャッドのジグヘッドは
縦へのリアクション。比重を活かしてファクトリーロックはそのままで、やや重めのジグヘッドにセットし、メタル的な縦の動きで主に使用しています。リアクションと一言で言っても縦なのか横なのか、光なのかスピードなのか、方法は様々。その日によって当たりが違うのもこの時期を難しくしている原因の1つなので、色々な攻め方をする事も重要です。


そうそう!もう1つ重要なのがカラーで、同じ湖でここまで違うか!?と思う程カラーによって反応に違いが出ています。僕の使い分けとしては濁りならピンク系、クリアならスモーク系を軸に、濁りの程度に合わせて中間ならアーカンソー、等でローテーションしています。何種類かは持って使い分ける事をオススメします!

文章で書くと難しそうですが、これを読んだらあとはブリッツェンの防寒具を着て出掛けるだけ!今年も価千金のブリブリピカピカな冬バスを楽しんで下さいね♪

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ