IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
パワーフィネス!!PEラインのハナシ

春だ!!シャローだ!!カバーが熱いぜ!!と、いうわけで、阿部進吾です。
今回のShallow Bombでは僕が超多用しているPEラインについて、いろいろ熱く語ってみようと思います!
現在、僕の中でパワーフィネスは、サイト、ミドストと並ぶ三本柱として絶対に外す事の出来ないポジションにあります。そのパワーフィネスをそこまでの武器として磨き上げる過程でラインシステムは非常に大きな壁でした。もともとは、フロロカーボンの4ポンドからスタートしたのですが、当然ここ一番の場面でブチ切られまくり、リーダーを結んでは結び目から切れ、さらに5ポンドに上げてみると3キャストごとにボンバりまくる有様・・。こうして様々な試行錯誤を繰り返しながら、今のところスピンコブラ+PE1.5号リーダーなしの直結というシステムに落ち着いています。このシステムも最初は、あまりにも太いラインがバスに超絶丸見えということにかなり抵抗があり、
「いや〜、さすがにライトリグにこれはネエ・・・。」と思ったが、
意外や意外、カバー最奥のノンプレッシャーなバスにはぶっといラインがついていることよりも
「うおーーーっ!なんかいやがるぜ!!」という気持ちの方が強いようで、現段階ではとりあえず試合レベルでも問題なく喰って来てくれてます。まあ、今後、このテクニックの認知度が上がり、誰もが使いこなすようになれば当然その上をいくテクニックが求められる事になるだろうが・・。それについては僕も現在のところ研究中です・・。

ま、それは又の機会にして、と・に・か・く!!僕がPEラインを多用する一番の理由は、カバーの奥の奥のそのまた奥でかけたキッカーフィッシュを 「うお〜りゃ〜〜っ!!」とぶち抜く快感の中毒だからです。
一度味わったらやめられない止まらない。さらに中毒が進んで道端のブッシュを ※注:植木とも言う…
「うへへ・・いいカバーや・・」と思うようになったら一人前?のカバー中毒です。ちなみに、すでに末期症状の出ている
阿部進吾は、高滝ダム戦、野尻湖戦共にタックル8セット中5セットがPEラインでしたとさ。
ラインカラーについては、様々な説があり(魚の目線では下から上を見ると空と重なる為、白がベスト等)これは僕も
「おーなるほど・・。」と、思ったが、淡水でバスを狙う場合はカバーの背景(木なら茶色、ウイードなら緑、等)に合わせるのがベストでは・・?というのが、カバー中毒患者名誉会長の今江さんとの共通の見解であり、今のところ、ラインにマジックで色を着けて使ったりしてます。

最後に、阿部進吾のおすすめタックル!
阿部進吾の三種の神器
これから中毒患者の仲間入りをしようと思っている方には、
刺激が強すぎる為、フィランギ、イレイザークラス+PE1号のややライトなタックルから始める事をお勧めします。又、
「もはや既に手遅れ、手のほどこし様がない」と自覚のある方には、スピンコブラ+1.5号のシステムで更なるマニアックな世界の扉をたたくことをお勧めします。
でも、治療法はないのであしからず・・。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ