IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
高滝爆発秒読み!!

いよいよ高滝ダムのワカサギパターンによる爆発が秒読み状態に突入しそうだ!前々回にまだちょっと早いかな?というレポートをした後も、ずっと高滝の爆発を狙って追いかけていた。今年の冬は本当に寒かった為、例年に比べてやはりかなり遅れ気味ではあるが、
ここへ来て一気にワカサギのレンジも上がり始め、本湖でも徐々に産卵に向けた動きをしているようだ。一発目、最も炸裂するであろう注目の養老川上流部は、現在残念ながら崩落の修復中の為、2月末までボートでの進入が規制されている。僕もこの間行ったとき、あきらめきれずに入り口まで行って、泣く泣く引き返して来ました・・(涙)。
しかし、陸っぱりで上流チェックに出掛けた友人は結構いい思いもしたらしく、上流ではやはりワカサギの遡上&産卵も始まっているとのことでした。まあ、3月1日の上流解禁を楽しみにしておきましょう!
本湖でもワカサギのレンジがドシャローに達した以上、もはや爆裂は目前?風しだいでいつ火を噴いてもおかしくないと思ってます!
毎日、天気予報(風)をチェックしていると、北風ながら午後3時に5mの予報を発見!
いてもたってもいられずに午後から陸っぱりに出掛けてみました!
1時過ぎ、高滝に着くと・・見事に無風!!5mは?みんなのどかにワカサギ釣ってますけど・・。

全然風ありません・・のどか過ぎ・・
どうしようかと悩んでいると、2時半頃になってようやく少し風が出てきたようだ。5mには程遠いが、無いよりはマシと車で湖岸を回ってエリア探し!基本的には風下の波が当たるストレッチや風の当たる岬などを狙うのだが、この時期のエリア探しで僕が重視する条件がもう一つある。それがなにかというと、白鷺!あの白くて首の長い鳥です。彼等は基本的にヒマなので常に一生懸命ワカサギを喰える場所を探している。当然、風がでた時に狙うべき場所もよく知っている為、非常に参考になるのです!岸辺でじっと水面を見ているときはそうでもないが、首をさかんに上下させ、遠目に見ても明らかに何か食っている様な時は要チェック!!かなりの高確率でそのエリアは激アツです!!

そんなエリアではこんな感じでワカサギも・・
結局この日はその風も程なく止み、白鷺たちもどこへやら?数箇所のエリアを回ってみるも全て不発・・北風がダメだったのか?やはりこの時期、風向きは南よりの方が圧倒的に良いようです。過去の爆発もほとんどが南よりでエレキも利かない大爆風の中での経験だったしね!!しかしながら、ひとたび風が止まるとほんっと〜にピタっとバイトがとまるのでオイシイ思いをしたい人は懲りずにマメにチャレンジして下さい!

ボートで一日不発・・しかし帰り際、
陸っぱりで一撃!こんな事もアリ

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ