IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
ワカサギパターンおさらい の巻

このところずっと高滝ダムの話ばかりで「また千葉の話か!」という声が聞こえてきそうですが、ここで今紹介しているワカサギパターンは日本全国ワカサギの生息する湖ならばおそらくどこででも通用するであろう破壊力バツグンのパターンなのでここでもう一度おさらいをして、是非皆さんの近くのフィールドを攻略する参考にして欲しいと思います!

僕がワカサギパターンを追っていく上でまずベースとしているのが水温10度というキー。全国的にみても早いか遅いかのタイムラグが発生するだけで、水温が10度まで上がれば、ほぼどこの湖でも上流部又はインレットなどでワカサギの産卵はかなりの確率で始まっていると思っていいと思う。まあ、魚探があれば水温なんて一発でわかるし、陸っぱりの場合でも、これはかなり重要なキーなので水温計で計ってみるくらいの手間はかける価値があるだろう。
水温が適温に達するとワカサギは上流に向かって徐々に遡上を始めて、サンドバーや子砂利のシャローで産卵する。高滝の場合、このころ上流部の各ベンド部分(インサイドがサンドバーになりやすい)などで産卵するワカサギと、それを追うバスのタイミングが合って起こるのが1発目の爆発(Xデーその1)。これを狙うときは、バスのレンジも通常ミノーで狙っていく水深よりもやや深く、何よりルアーに突進して当たって来る様なバイトや、のそっ〜と重くなるだけのバイトが非常に多くバレも多発するので、間違いなくどう考えてもスーキラ&キラービルが最強!!
ちなみにバレ防止には例のフックチューンもかなりおススメです。

外掛かりがホントに多い!スーキラ独壇場
こちらは、この日2本目の皮イチです。
そして産卵を終えたワカサギはフラフラと流れのままに流されて、雨による強い流れや風によってそれが集められたとき、これまた1箇所ですごい爆発になるというものが、2発目(Xデーその2)

一度ハマるとワンエリアで連発!これも魅力
進行状況、狙い方の目安としては、僕の場合、水温10度以下で表層付近にまだあまり弱ったワカサギが見られない様なら、狙うべきは上流ベンド部付近の1発目のタイミング、水温10度以上で上流部やインレット等産卵場所付近にワカサギの死骸がたくさん沈んだりしているようならワカサギの産卵は既に終盤と思っていいので、下流の風下で白鷺ちゃんの手を借りて2発目の爆発を狙う、という感じです。この爆発はリザーバーなどでも足場さえ良ければ陸っぱりで十分狙えるというのも大きな魅力です。あとは実際にワカサギを釣ってみて、抱卵状態を見るのも産卵の進み具合を知るには手っ取り早い方法です。

こうして書き綴るとなんだかとってもコ難しい様に感じるかもしれないが、実際に一度経験してみるとものすごくハッキリした簡単で誰にでも分かりやすいパターンなので、是非この春は近くのワカサギがいるフィールドで試してみて下さい。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ