IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
痛恨!初の予選落ち! の巻





あっという間の出来事だった。
もうご存知の方も多いと思いますが、4月14日〜16日、岡山県の旭川ダムで2006年TOP50シリーズ第1戦が開催されました。2006年を占うその大事な初戦、僕はなんとプリプラから本戦まで7日間連続でノーバイト&ノーフィッシュで、もはや完敗としか言いようの無い内容で初の予選落ちを喫してしまった。ここまで見事にやられてしまっては、もはやなにを言っても言い訳のしようもないのだが、今回はその超過酷を極めた試合の模様をお伝えしたいと思います。

前回も少し触れたが、現在の旭川ダムは4月も半ばだというのに水温はまだ10度。晴れの日が続いて少しずつ水温が上がっても雨等で上流にある湯原ダムが放水すると8度前後の冷たい水が一気に流れ込み、一瞬にして湖は冬に逆戻り。その為、春を意識したバスは間違いなく居るのだが、なかなか湖が春になりきれずにいる、という印象だった。試合の前週に行われた岡山チャプターでは出場選手66人に対してバスを持ち込むことが出来たのはなんとたったの1人!!本当に試合として成立するの?っていうぐらいの状況だった。

満水で一見カバー天国、しかし激辛の旭川ダム・・・そんな中、僕が選んだプランは当然カバー撃ち一本!!釣れないとは言っても一本勝負の釣ったモン勝ちならやりきることの出来る自分の得意技で勝負するしかないし、確率的にもそれが一番高そう?ということでの選択だ。後は春のリザーバーのセオリーであるワンド入り口やベンド部付近にあるカバーを集中的に狙い、その中でも増減水に比較的強いタテ系ストラクチャー、高滝や亀山でも撃ち慣れている竹をメインに精度ビンビンで狙って行く!僕にはこれしかなかった。
プラでもバイトは取れていなかったのだが、試合中どんどん研ぎ澄まされ精度が上がればバイトも出るだろう、という自信の様なものも少なからずあった。
結果的に僕はバスを手にすることは出来なかったのだが、今回優勝した江口プロがお立ち台の上で語ったプランはまさに僕の思い描いていたそれだった・・。かたや優勝、かたや7日間連続ノーバイト、その違いは一体何だったのだろうか?これは僕の勝手な想像だが、江口プロはプラで1バイトだけだがバイトが取れたと言っていた。その為、バイトの出るアクションのリズムが体に入っていて、試合中もそれを信じてやり切れたのだと思う。
「50mのストレッチを1時間掛けて流しました」という彼の言葉がその精度の高さを物語っているようだった。反対に僕はそのたった1バイトを感じることが出来なかった為に、試合中も思うように精度の高い釣りを展開出来なかった、ということだろう。江口俊介プロ、通称えぐしゅんとはマスターズ時代から何度もアシ撃ちバトルを演じてきたのだが、彼は千葉県の印旛沼育ちでテキサスリグに強いコンフィデンスを持っていたというのも今回の様な1バイトを追いかける展開では追い風になったのだろう。

表彰式
今回は本当に悔しい結果となってしまったが、まだまだ今シーズンは始まったばかり!!
最終日、会場まで来て「次こそ頑張って!」と声を掛けてくれた皆さんやいつも応援してくれるみんなの期待に応えられるよう、全力で戦います!ありがとうございました!

ファンの方との一コマ。
応援ありがとうございます!
CAP CLIPは大好評。今月末には店頭に!




ブースに足を運んでくれた皆さん

ありがとうございました!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ