IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
阿部進吾的 スモールラバージグ!!の巻

スピンコブラ、そしてPEライン、とくれば必然的に避けては通れないネタ・・
しかし、全開で現役活躍中の為、できることなら避けて通りたいこのネタ・・・。
そう、今回の Shallow Bomb のテーマは、「 スモールラバージグ 」!!

はっきり言って、「スモラバ」はめちゃくちゃ釣れる!!ヤバすぎる!!
ここ1〜2年で、かなり注目度も高くなり、もはやシークレットとは呼べないし、実際に、TOP50の選手達のロッドにも
かなりの確率でリグられているのを目にするようになった。
が、それでも、いまなお、ツボにはまるとその破壊力はすさまじいものがある。

この「イガイガ」で「釣れ釣れ」なイカスやつ「スモラバ」を僕がひそかに使い始めたのは今から約5年程前だったろうか?確か、河口湖でのトーナメントで使える武器が何かないかと考え 1/16ozのジグヘッドにラバーを巻いて使ったのが最初だったと思う。
以来、トーナメントで一体何匹のキッカーフィッシュを釣ったのだろうか?キャッチしたキーパーの数は「スモラバ」が
ぶっちぎりで1位だな。改めて考えてみると、上位入賞した試合では殆どスモラバを交えて戦っている様な気がする。

一言でスモラバといっても、僕は湖やシチュエーションによって結構細かく自作して使いわけているので、そのへんの
オイシイとこをちょっとだけ教えちゃいましょう!!

まず、河口湖のようなクリアウォーターの湖では 太いラバーではアピール力がちょっと強すぎる気がするため、比較的細めのラバーで巻いたジグを僕は選びます。野尻湖や桧原湖でも同じですが、スモールは超ウルトラ目がいいので、フックは出来れば黒いものを使いたいですね。トレーラーもリアル系を選ぶことがほとんどだし、余計なアクションは ほとんどつけない。視覚重視と言ってもいいかな?
:阿部進吾は 超絶エビ大好き人間なので、ジグは絶対エビっぽくしたい人。

反対に霞ヶ浦等のマッディウォーターでは 太いラバーを使い、アクションも存在感と波動を強く出すように意識する。表層で引き波だしてみたりとかね。
ガードは人それぞれの好みだが、僕は、試合で使うことを前提として作っている為、フッキング重視で極力弱めのガードを申し訳程度につけることが多い。
そして やっぱりエビっぽいルックスにする・・・。
別にエビじゃなくても全然いいんだけど、要は「これは絶対食っちゃうだろ!」と信じ込めるものを作ること!!

ウエイトは基本的にはサイト、ミドストなんかでは1/32ozを使うことが多いのだが、ちょっと深めの溶岩やウイードなんかを狙うときには1/16ozも使うし、カバー射ちのときなんかは1/8ozまでウエイトを上げるときもある。
こんな感じで、その日、そのときに合わせて結構色々なラバー、ウエイトのスモラバを使ってます!
パワーフィネスとの相性もバツグンなので、まだ使ったことのない人は是非試してみてください!!

以上現場から阿部でした。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ