IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
DEEPBOMB!トップ50桧原湖戦結果報告 の巻





年間成績、そしてトップ50残留を決定する重要な分岐点となる今回の桧原湖戦、約1年ぶりの期間限定DEEPBOMB解禁での試合となった。
昨年から練習してきたシューティングの精度を上げ、プリプラではいい感触を得ることもできたのだが、一つ大きな不安要素もあった。それは、急激な天候の変化。晴れた日にはバス、ベイト共にボトム付近でフィーディングをする為、シューティングでかなり高確率で狙うことができるのだが、気圧が下がり雨等降ろうものなら、バス、ベイト共にイキナリ浮きまくり、移動の足も一気にスピードアップ!魚探を使ったシューティングでは極端に捉えづらくなってしまうのだ。更にたちの悪い事に、この浮いたバス、難しいレンジに浮いている奴ほどサイズがいい・・。つまりこの浮いたバスを攻略しないことには上位入賞は狙えない!
ということでコイツラの攻略がプラからの僕の最大のテーマだった。
軽めのシンカーで浮かせ気味にドラッキングしてみたりノーシンカーにしてみたり・・・前山君はIKシャッドやIKクランクで器用にこのバスを獲っていたが、僕はイマイチうまくリズムを合わせられないまま試合当日を迎えた。

初日、天気予報はなんとか晴れ・・。
いいスタートが切れますように・・祈るように朝一、京が森フラットに入るが、魚探にバスの反応は無い。1時間以上粘るもノーバイトで移動。
7〜8mのワカサギにつくバスから5mくらいのウイードでエビを喰うバスに狙いを変え、3連発、その後いい風の吹き込む月島エリアに移動するとハンプで連発し、リミットメイク後一気に入れ替えに成功!
2290gで初日は16位でのスタートとなった。

2日目は雨の予報だったのだが、予報が変わりギリギリ一日もちそう。しかも朝一から初日と同じ風だったので、月島へ直行!!
しかし、風は一緒なのにあれほどいたベイト&バスの反応はゼロ??これが桧原湖スモール!!
一体どこにいってしまったものかと周囲を探すと、更にインサイドに入ったところでポツポツ反応あり。
仕方がないのでこのバスを狙っていると10時過ぎになって更に風が強くなった。
すると魚探が真っ黒になるほどのベイトの群れが到来!!当然周りにはスモールもわんさか!!
ようやくシューティングの出番で、ここから約10本ぐらいキャッチし、スタート地点の早稲沢に戻ると、ここでも予想外の大フィーバー中。
思ったより全体のウエイトも伸びており、2日目は2260g、暫定18位と2つ順位を落として終了&予選通過となった。

いよいよ運命の分かれ道、雨の予報の最終日に突入した。
朝一選んだのはやはり2日間お世話になった月島。
2投目にいきなり1本目をキャッチし幸先のいいスタートかと思いきやそこから完全にノーバイト。
反応が悪い上に雨が降り始め、バスもどんどん浮き始めた。
しかし魚探にはさかんにワカサギの群れを追うバスの映像が映し出されており、移動するに出来ない状態・・。
11時、なんとかリズムを変えようと早稲沢へと移動するも、狂ったリズムを修正できないままタイムアップとなってしまった。

最終日1本、総合成績26位、これが今回の結果。
天候や風等、めまぐるしく変化するパターンを追いかけては翻弄された桧原湖ディープボム(不発)だったが、バスフィッシングらしい魚を探す要素が非常に強く、とても充実し、成長できた3日間だったと思う。

そして今回も雨の中会場まで足を運んでくれた皆さん、応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
残るは最終戦の遠賀川!!
次回も応援ヨロシクお願いします!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ