IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-ABE Shallow Bomb


 
雨、雨また雨です・・濁り攻略 の巻

先月末、関東地方では連日250mm近い大雨に襲われた。
当然のように主だったフィールドは軒並みババ荒れのカフェオレ色・・。比較的雨に強い高滝ダムですら全域ババ濁りの上にものすごい流木&流れになってしまった・・。
おかげで最近はかなり欲求不満・・。それまでクランクとスーキラがかなり良かっただけにストレス溜りマクリです。
2〜3日晴れ間があっても回復前にまた雨。
しかし、ここ数日でようやく僅かではあるが回復の兆しが現れたので、溜まったストレスを解消すべく高滝へ行ってきました!!
回復の兆しとは言ったものの、本湖は依然としてババ濁りのまま。
チャンネル沿いのディープやスロープ等の大場所を触ってはみるものの、当然の様に沈黙・・。
ボート屋のおじさんも「阿部ちゃん!あと1週間ぐれ〜はダメだっぺ!!(笑)」だって・・。

こんな時はやはり、チャンネルから比較的遠い濁りの回りづらそうなエリアを探したり、小規模でも、いい水の入るインレットのチェック、その周辺のシャローのカバー撃ちなどがどうしてもメインとなる。
この日、上流が回復しているとの情報で出掛けたのだが、2日前のホンのちょっとした雨でまたまた濁り・・。
先月の大雨で山の保水力がMAXに近いのだろう・・。
しかし中流部の普段あまり流れのないエリアに、いったん回復した時のものであろうましな水のエリアを発見!!このエリアで勝負してみることにした。
しかし、ババ濁りになると何故にあれほど反応が悪くなるものか・・降り始めや濁りの出始め、回復中なんかは圧倒的に釣れる時が多いのにね・・。
トップ50亀山戦の時の様に、モロに試合にぶつかられると結構キツイ。
おそらくペーハーや水温の急激な変化とかが原因っぽいと思うのだが・・。
喰わなくなるのか喰えなくなるのか?出来る事なら是非一度バスに聞いてみたいものだ。

話を元に戻して水のイイ中流でのハナシ。
他に比べて明らかに水のイイこのエリア、久々にまともな色の水で釣りが出来てテンションもかなり高め!!
すると早速というかようやくというか杭わきから IKクランク50C で一本!!

グーーッドコンディショーン!!これを待っていた!!
後ろの水が普通です。
さらにそこからちょっとだけ外れた濁りのエリアのシャローカバーでは エビモグラ でまたまた1本!!
こちらもかなりのいいバス!!

こちらは4inホグでのエビモグラ!!
後ろの水・・。これでもかなりマシ・・。
良かったのはこのエリアのみで、他にシャッドでも好反応。
一緒に行った仲間も同じエリアでクランクで2本ゲットしてました。
上流の水が良かったと教えてくれた人はバスもたくさんいたと言っていたので、おそらくいい水と一緒に下って来たのだと思う。
普段なら思わず帰りたくなるような濁りでしたが、新鮮な気持ちでサーチ&サーチ!!
濁り攻略のいい練習になった一日でした。
まだまだ台風シーズンのこれから、濁り攻略の参考にしてみてください。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ