IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-IIDA Vinyl House no Abarenbo


 
バクラストンの可能性の巻

今回の暴れん坊では、フィッシュアローさん×イマカツのコラボレーション作品
バクラストン”の具体的な使い方&ポイント等を紹介したいと思います。

先ずは、バクラストンってルアーをスイムベイト!っといった使用方法の、ただ巻くだけのルアーだと思わないのが良いですよ♪
スイムベイト!ってカテゴリーを完全に無視して、時にはスイムベイトにもなるルアーって思って下さいね♪(少し説明が下手かな?(;^_^A…)
何故か?って言うと、使い方次第では色々なルアーにデホルメ(変形)してしまうからです♪
あるときは巻いて、クランク&スピナーベイト!の様に♪
止めて誘ってはテキサス&ラバージグ系のルアーになる!!ってイメージをして下さい(^.^)b

具体的なポイント紹介等をしたいと思います。


良く見かける“アシ”や“浮きゴミ”等々
はたまた!?ブッシュ系等をラバージグやテキサスリグの様に大胆に攻めて下さい!!

バクラストンのヘッド形状は、すり抜け良く出来ていてカバーでの釣りにストレス無く使えますよ♪


ノーマルヘッドはボトムを感知したい時&カバーにしっかりと落としたい時等に有効です。
プラヘッドは水深が浅いポイントやバスが浮いている時等に、バスの目線が上向きの時にも良いです♪浮きゴミなんか最高に良いですからね♪(^-^)
※裏技としてフロッグみたいに水面上で滑らせて、そしてポケットに落とす!ってやり方も有効ですよん♪(^^)v


昨年今時期のバクラストンバスです♪
こんなサイズが釣れてしまうので、スイムベイトって考え方にとらわれないで、固定観念を捨てて、アグレッシブに攻めて下さいね♪


誰もが、やらない!?(やりたがらない?)だから・・・尚更、良いですから♪

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ