IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > S-IIDA Vinyl House no Abarenbo


 
ダイナゴン祭り♪パート2の巻

前回の暴れん坊では、大会でのアフタースポーンバスのダイナゴンの釣りでしたね♪
(読んでくれたかな?(^^ゞ)
今回はアフター回復に向かっているバスの釣り方を前回の大会談(写真)に交えて話をしたいと思います。
なんて言うか今年の小貝川に限っては、アフターから回復系迄入り交じり!?って感じでどのタイプのバスを狙うか?!によって大きくポイントが変わっていますからね〜(^^ゞ


先ず暴れん坊家の遠い親戚の相野谷くんは“ダイナゴン4Inch”ノーシンカーリグでカレントがあたって出来る反転流(流れの巻き返し)に狙いを定めて回復系のバスを狙ったそうです。
体色を観ると綺麗なので流れの有るポイントを住み家にしてるバスだとわかると思います。


初登場の通称タケちゃんマンです。
このバスも流れの有るポイントで釣ったバスです。
川の流れによって出来る“瀬”(浅い場所からの落ち込みって思ってくれて良いです。)を攻略して良いサイズを狙って釣ったバスですね♪
釣れた時間帯は正午過ぎやっぱり!?以前から言っている様に『その日の一番に暑い時間帯にバスは餌を求めて堰や瀬に集まっているって事』がわると思います。
ただ、釣り方が面白かったので紹介したいと思いますですねぇ♪(^-^)

簡単に言うとダイナゴンのヘビダンを流れにまかせて“転がす”只、それだけ♪(^^ゞ
キモは流れに負けて流されているザリガニをイメージして貰えればOKですね♪
たまに障害物にステイさせるのはザリガニが流されているのが助かった!ってイメージすれば良い感じじゃないかな♪(^.^)b


最近たまに登場している森田氏です。(;^_^A
なんと!ダイナゴンのテキサスリグで53センチの良いサイズを釣ったりしています♪
不思議な事が起きなければ良いのですが(^^ゞ

こうして観るとダイナゴンシリーズってのは色々な場所でも使えて色々なリグにも対応が出来るので可成り、強くオススメしたいですね♪

では×2 またです♪

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ