IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
2/22(火)の琵琶湖ガイド釣果報告

みなさぁーん!はじめまして 前山です。
初めてということで簡単に自己紹介します。
僕は昨年のJBマスターズで何とか年間3位の成績を残すことが出来ました。また、年末に行われたクラッシックでは、5位に入賞出来たものの、狙えていたので ひじょーーおに悔しい思いをしましたっ。でも今年はTOP50に出場が決定し、やる気はみなぎっているので、前向きにがんばっていこうと思っています。
僕の釣りのスタイルは、基本的には何でもしますが、自分の中では強い釣りストロングスタイルをモットーとしています。

特に今年のTOP50では吉野川や旭川ダムで 得意とするストロングスタイルを前面に押し出せればなっと考えています。応援よろしくです!!会場にも是非遊びに来てくださいねっ。
このページでは琵琶湖でガイドを行っている利点を生かして、不定期ですが出来る限り琵琶湖情報&前山情報をタイムリーに報告していきますので楽しみにしていてください。

まずは直近のレポートとして、22日火曜日のガイド状況を報告しますっ。
ここ何年かガイドとして南湖に出ていて その変化に気がついた事を説明すると・・・
一般的によく言われるのは、冬の寒い時期、漁港やマリーナにバスが移動してくると言う意見。前山流では基本的に南湖を一つの大きなワンドとして考えるようにしています。
バスは沖の最深部の水温の安定した所(すなわちボディーウォター)に越冬のために集まってくると考えています。なぜなら特に湖北からの安定した水温の水が供給されるボディウォーターは南湖の水に比べて温かい事が多く、バスが居着きやすいのではと考えています。
そのボディーウォーターに絡むディープのウィードが最もこの時期有効な場所だと思います。
琵琶湖南湖では、木ノ浜沖から堅田にかけてや、若宮沖から下物にかけてが代表的な場所として有名ですよねっ。ちなみに 22日も水深4.5〜5Mラインを巻物系で流しました。
本来ならばジックリとジグ系で狙いたい所ですが、エリアが広く探りきれない事と、よりバスの活性やタイミングの確率を上げる為 クランクベイトやスピナーベイトでスピーディーに流しています。その結果 ガイドでのお客さんがマッドペッパーマグナムで約38cmとポーのセダー400で45cmを釣ってくれました。僕はマッドペッパーマグナムで約45cmとキッカーイーターで約53cmを一本ずつ釣っちゃいました。

今後も 前山流理論をご紹介していきますので楽しみにしていてくださいっ!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ