IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
またまたロクマルでましたっ!

みなさん、GWはどうでした?プレッシャーのないスポーニングエリアではかなり爆発していたみたいですよー!
マリーナの方達も笑顔の人と、そうでない人がハッキリとしていました。スーパーハイプレッシャーなGWも終わり、
バス達もやっと安心しそのままスポーニングの行動に移って行ったようです。
しかし、この前の大雨で全湖に田んぼの水が回って赤潮が発生し、バス達は、また大変な状態になっています。
釣果のほうも、雨水の影響が出るまでは安定していたんですが、月曜日ぐらいから、がくっと釣果が落ちてきました。

9日は、ゲストの吉川さんら二人と出たのですが、西岸側は水が死んでいて全く釣れず、東岸側の水の生きているエリアを回り(赤野井の一部や北山田の一部)40cm〜62cmを8本と、いいサイズに恵まれ「助かったー!!」って感じでした。
この日は、ワームに反応が悪く、バイブレーションをメインで、クランクや、スピナベなどのリアクションが好反応でした。
一番デカイバスは、自分に来て大ヒンシュクだったんですが、この時のタックルは、ハスキーワインダーにプレミアムプラス12ポンドで赤色のバイブでした。
このタックルセッティングだと、グラス独特の粘りでバラシも少なく、なおかつ固めのグラスなのでウィ−ドを切っていくことが出来るために、かなり扱いやすくなっています。あっそうそう、一日振り回しても疲れない軽さもサイコーです!!


10日は、ゲストの日野さんら二人と出て、前日に良かった所から廻ってみたのですが、なんと5投目に56cmが
日野さんにきて「今日は爆釣やー。どんどん行くでー」みたいなテンションになり3人でバイブ投げ倒しました。
しかし、風向きがころころ変わり、午前中は釣果も安定せずちょっとまずい雰囲気でご飯を食べました。
昼からは東岸側で心中し、何とか40前後のバスを10本程追加し終了となりました。


今後の展開ですが、赤潮が落ち着けば、南湖南エリアでアフターの回復をラトルスネークのマキマキや、バイブ、スピナベで狙うパターンと、南湖北エリアでポストをライトリグ全般で狙っていくパターンがメインになると思います。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ