IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
デカバスがえらいことになってます

先週から、調子の良くなって来ていた巻物ですが、大潮が終わり今は一段落と言うか、次のプリが入ってくるまでの中休みみたいな感じになっています。
今回の大潮の期間中は、寒波の影響で思ったよりもさしてこなかったのですが、逆にこれがバスを一箇所に集めてくれて、数は出ないものの、サイズはえらい事になってしまいました!

4日にスピナベでゲットした、62センチです。
 
パターンですが、寒波の影響でさせなかったデカバスが、岬サイドの3メーターに集まっていたので、透明度を意識して遠投能力のある、スピナベとスコーンに絞り、各岬をランガンしてタイミングで釣っていく感じでした。この時のキモですが、プリのバスは音に非常に敏感になっているので、エレキと魚探の電源を切り、風を利用して流していっています。
一日やりきって一人5匹までの釣果でしたが、アベレージが50センチを上回っていたのと、乗らないバイトが結構有るので、一日やりきれていた感じでした。

5日にスコーンリグで釣れた、63センチ4600グラムです。
 
7日の日には、ゲストの方が59.5センチと後一歩のバスが釣れたりと60オーバーがいつ出てもおかしくない状況が続いています。

59.5センチです!
7日を境に、一旦食いが落ち着いていて、巻物では釣りにくい状況になっていますが、10日にはついに今季ゲスト初60オーバーとなるバスがスコーンリグで釣れました!
 
10日の62センチです。
この他にも何匹ものデカバスが釣れたりバラシたりと、今回の大潮は、興奮しっぱなしの毎日が続いていますが、次回の大潮はもっと凄い事になりそうなので注意していてくださいね!
今回、大爆発のルアーのスピナベとスコーンリグには、開発中のワイルドスタリオンを使っていますが、バイトを弾くことも無くまた独特の粘りとテーパーでロングキャストも出来、カバーだけでなく巻物にも広く対応できるので重量級ルアー使用の最高のバーサタイルロッドに仕上がってきているのと同時に、ワイルドスタリオンの開発目標でもある、60オーバーのあの強烈な引きに対応するといった事も、テスト中に2本の60オーバーと出会って戦い、余裕を持ってやり取りが出来ることが解りました。自信をもってオススメできるロッドに仕上がってきていますので、もう少し待っていて下さいね!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ