IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
ワイルドスタリオンVS10ポンドオーバー

今年は、例年に無く、風が吹く日が多く、釣りのしにくい日が多いですが、ここにきて、この風が岸際にある農薬の混ざった水を沖にまで運んできて、南湖では、沖まで農薬が蔓延している為、バスだけでなく全ての生物にダメージを与えだしています。
そんな事からも非常に厳しい展開が続いていますが、そこは琵琶湖の奥深さに助けられていて、ガイドでは、数は出なくてもサイズに助けられることが多いです。

くればこんなナイスなバスなのですが・・・!
今年は暖冬の影響で春から水位が低い事もあり、放水量が少なく水の流れがあまり無いために、この農薬水がなかなか入れ替わらないので、一度大雨でも降ってもらわないと、水質の改善が見込めない状況になっています。そんな事からも、ガイドでは珍しく、ドーバーのネコリグやジグヘッドワッキー等の、ライトリグを多用して食わせているのですが、やはりライトリグだと、ここ一番サイズが来た時に、ラインブレイクやバラシなどのトラブルが頻発してしまっています。

記録魚はバラシましたが、これもナイスバスですよ!
キャサリンさん、次回は記録更新ですね!
先週は一日だけ時間が取れたので、友人とワイルドスタリオンの最終チェックに、60だけを狙って出かけてみました。
そんな厳しい条件の中、何とか62センチ楽勝10ポンドオーバーを仕留める事が出来たのですが、このロッドはとんでもなく素晴らしい出来を見せていて、このサイズのバスでも暴れさせる事も無く一瞬で取り込む事が出来るまでの仕上がりを見せています。
GW中には、ゲストの方にも、このロッドのコンセプトを説明し、使っていただいたところ、55センチクラスのバスでも難なく取り込まれて、感動してもらう事が出来たので、僕も年甲斐も無く、嬉しくなってしまいました。

このバスで、ワイルドスタリオンのすごさを改めて感じました。
一年間、今江さんと共同でデカバスだけをターゲットにして、トライ&エラーを繰り返して、今江さんは日本だけでなく、メキシコまで行きテストし、自身もデカバスでは日本最高の琵琶湖でテストし、60cmオーバーを10本以上掛けて、満足のいく仕上がりになり、自信を持って世に送り出せるロッドになったので、もう少し待っていてくださいね!

58センチですが、4キロ近い化け物です!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ