IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
琵琶湖もそろそろ冬支度?タイミングとレンジが重要!

琵琶湖も随分、冬になりつつありますが、まだまだバスは元気に遊んでくれていますよ!
サイズを選んで釣っていこうとすると、今はクランクやスピナーベイトが、高確率に感じてしまいますが、実はタイミングが重要で、朝夕や風の変わり目に釣れる事が多くなっています。
それ以外の時は狙って、デカイサイズを釣っていくのは難しく、スレッジファミリーなどのシャッドやジグヘッドのスイミングでサイズは選べないですが、数を釣りながら混ぜて釣っています。
 
ウルトラスレッジでの40UPです!
シャッドで数が釣れるといっても、やはり水温が低く、適当では釣りにくくなってきていますので、しっかりとレンジを合わせてあげないとバイトは出にくくなっていますが、スレッジファミリーの細かい設定のお陰で、レンジを合わせやすくなっています。
後、低水温期にはなぜか金黒系の色が良い事が多く、この日もプラグでは、明らかに金黒に反応が偏っていましたよ。
 
40後半のバスです!
このバスはジグヘッドのスイミングで釣りましたが、これもレンジが難しく、昼間の暖かく風の無い時は、中層で反応が良いのですが、風のある時はボトムすれすれを丁寧にしないと反応してくれません。
なので、ジグヘッドも1/16オンス〜1/32オンスの間で細かく使い分けていっています。

夕方のラストにウルトラスレッジに出た52cm、2700gです!
こんなふうにクランクなどの巻物でつらい日には、シャッドやジグヘッドで丁寧に狙っていけば、まだまだ釣れる琵琶湖になっています。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ