IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
ビッグバス釣れてます。最新の傾向と対策は・・・


5月29日



先週から引き続き伸び続けているウィードに、追いついて行くのが大変なのですが、サボるとチビしか釣れないから、
毎日ヒヤヒヤしながらガイドを行っています。
季節柄、ここのところ悩まされていた農薬の方は随分ましになってきたのですが、次は、あらい堰を閉め続けたために、水が腐ってきて嫌な臭いがしてきています。
釣果のほうも日むらが激しく、釣れる日はかなり釣れるのですが、一つハズすと全く釣れなくかなりつらいです。

メインパターンは新芽でブリブリしているウィードエリアで巻物と、エビ藻パッチでテキサスです。巻物の方は、ブリブリなウォブル系のルアーから、ロール系に変わってきています。

28日は長谷川様グループ二人と出たのですが、午前中は食いが渋く、40アップ3本と寂しかったんですが、
午後から持ち直し、終わってみれば、40〜53cmまでを10本と納得の釣果になりました。
29日は長野県からお越しの百瀬様、野村様グループ6人、ガイド艇3台でミニトーナメントをして、優勝が野村様で
54cmでした。釣果は皆で40〜62cmを20本以上で、内50アップが6本とすごいことになりました。
最近の傾向として、沖は朝一が良く、夕方はパッとしない事が多いです。
逆にエビ藻は昼からが良い事が多く、うまく回れば、今回みたいな釣果になると思います。
当分はこんな感じで釣れると思うので、一度試してみてください。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ