IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
TOP50 第二戦七色ダム報告と琵琶湖の近況!!!

七色ダムで開催された、TOP50第二戦ですが、今回は一発ビッグウエイトみたいなパターンは見付けられなかったのですが、数なら何ぼでも!!!と言ったパターンが見つかっていたので、数を釣って入れ替えで、ウエイトを伸ばす作戦で試合を組み立てていきました。
初日は、予定通り30〜40本釣って、3キロを超え予定通りのウエイインでしたが、思ったよりも周りが釣れていて12位で初日を終えました。
二日目も、このウエイトが出せればジャンプアップできると思い、初日と同じプランで釣って行くも、思った以上にウエイトが伸びずに25位まで順位を下げる結果になりましたが、最終日に残れた事もあり、最終日は大潮初日と言う事もあり、見せ場を作ろうと60に照準を合わせた展開に変え、湖を一周し立ち木に浮く楽勝で70UPのバスを発見するも、時間を掛けただけで返り討ちに合い、二日目よりもさらにウエイトを落とし、最終28位と良いとこなしの結果に終わってしまいました。
今回のメインパターンですが、10インチ以上のロングワームのネコリグだったのですが、小さいワームを投げて反応させるよりも、効率よくバスを探す事が出来、自分らしい展開で楽しかったのですが、やはりロングワームの欠点のフッキングの悪さは避けられず、釣ったバスと同じぐらいミスもありましたが、フォローに入れたジャバスティックのネコリグなんかが最高に効き安心してロングワームを投げ続ける事が出来ました。
 
いい景色の中で行うバスフィッシングは最高です。
こんな感じで今回もあまり良い成績ではなかったのですが、年間成績には繋がったので、次回以降の大会で盛り返して生きたいと思いますので、宜しくお願いします。


さて、琵琶湖ですが、帰ってきて直ぐにガイドを再開していますが、大潮に絡んでいる事もあり、湖中でスポーニングが行われていて普通には釣りづらい状況が続いています。
先週まで釣っていたアフターも食いが悪くガイドではかなり冷や汗を流しながらですが、それでも良いサイズのバスが相手してくれるので助かっています。

楽勝で50UPです!!!
毎年ですが、アフターのバスが、6月一杯までは大潮が絡むと釣りづらくなるのですが、逆にフロリダ系のプリが釣れやすいので、一発を狙うにはやはり大潮は外せません!!!

60センチのバスです。これもアフターです!!!
もう一本64センチを釣ったのですがこれもアフターで、大潮さえ終わってバスが安定すれば、アフター狙いが又面白くなると思いますよ!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ