IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
琵琶湖ってどう?

皆さん、今年の琵琶湖はどう感じていますか?
前山的には、年々釣りにくくなっている気がしますが・・・
釣りにくくといっても、琵琶湖らしいあのバス達に出会う為に時間が空けば琵琶湖に出ていますよ!

今年の傾向として、放水量が平均して多く、ボディーウォーター絡みのエリアでは底の水温が低い状況が続いています。
沖のフラットを釣るにしても、シンカーやワームが触って暖かく感じるエリアがバイトも安定しています。
逆に冷たく感じるエリアでは、ライトリグを入れてもギルやマメバスのバイトも全くでない状況になっていて、良い悪いがハッキリとしているのが今年の特徴です。
いったん良いエリアに当たっても、湖流が強弱すれば、そのエリアがダメになっていたりと、一日単位、時間単位でどんどん変化していくので困っています。
解決策としては、シンカーを触って判断していくぐらいしかないですが、そういった細かい事が今は大事な気がします。
それか、湖流の関係ないシャローで釣っていくかがいいと思います。
シャローといっても、そろそろウィードだらけで何処を釣っていけばみたいになっていますが、朝夕や曇っている時は水面系、晴れている時はテキサスなどでポケットをじっくり打っていくと反応がいいです。

シャローでの50UPです!

こんな感じのバスが今年はシャローに多く残っているので、まだまだ要注意ですよ!!!

沖のパターンでも良いサイズが出ていて、こっちの方はテキサスよりもラバージグのリアクションに反応が良くなってきています。
エリアは日ごとに違いますが、さっきの判断方でエリアを絞っていってもらえば良い結果が出ているので一度試してみて下さいね!

沖のバスです!!!

沖のバスも良い感じに回復してきているので、水温さえ安定すれば一気に食いだし釣果も安定すると思うので注意していて下さいね!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ