IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
サマーパターン突入!!!

最近の猛暑の影響で水温も一気に上昇し、パターンも夏らしくなってきています。
天候の良い晴れた日には、シェードを意識したパンチングが日に日に良くなって来ています。

パンチングでの55UP 3キロオーバー!!!

こんなバスが良い場所では連発して食ってきているので最高に楽しめています。
が、まだ始まったばかりなので、ウィードがしっかりと生えている場所が少なくエリアはかなり狭くなっています。
パンチングではロッドに求められるハードルが非常に高く、この条件を満たしていないと、ウィードの中からデカバスは出てこずにバラシの原因になります。
パンチングにはやはり、ワイルドスタリオンが最高にマッチしていて、写真のようなバスでも難なく取り込めています。
このバスもバイトと同時に一気に走ったのですが、ワイルドスタリオンが持つ粘りではしりを止め、最後はごぼう抜きにしました。
ゲストの方は、ビックリしていましたが、これぐらいのバスなら難なく抜き上げられますよ!!!

モジャオテキサスでの50UPです!

天気の悪い日や、朝夕は、ウィードの外にバスがついているために、ウィードエッジや薄くなっている場所などを軽めのテキサスで狙っていっています。
プレッシャーのない場所ではクランクなどの巻物でもOKですが、釣れているエリアは人が多い事が多く巻物では厳しい状況が多いです。

お腹に注目してください!!!

以前、書いた事があると思いますが、水温が27度前後になると琵琶湖の沖のバスもザリガニを食べるようになるのですが、今週に入ってそんなバスが目立つようになって来ましたよ!
このバスは39センチでしたが、お腹の中でザリガニの尻尾が丸まっていて尚且つ喉から爪が出ていました。こんな大きなザリガニを食べるバスもすごいですが、こんな大きなザリガニも珍しく、バスよりもザリガニにビックリしてしまいました。

今後はどんどんパンチングのエリアも広がり、バスも多く入ってくると思いますが、去年ぐらいから一筋縄では行かなくなっていますので、その辺の秘密を知りたい方はガイドの方に遊びに来てくださいね!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ