IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
暑いですね!

これがアップされる頃には僕は野尻湖でプリプラに入っています。
暑い関西地方を抜け出して避暑地で一生懸命優勝目指して練習をして来ますね。

現在の琵琶湖は相変わらずウィードの成長が悪く、パンチングの効くエリアは限られています。
逆にラバージグの効くエリアは広くあり、釣果の方もやはりラバージグが安定しています。

夏のラバージグと言えば“跳ラバ”ですが、今年は“跳ラバ”以外に、モグラなどのガード付きラバージグを使用したテクニックがいい感じでバイトが出ています。
水温が上がり過ぎて活性の落ちたバスには、リアクションの跳ラバ!
食わせの“モグラ”といった使い分けが活性の落ちたデカバスには効果的です。

モグラでの1発!!!

“モグラ”の使い方ですが、ウィードが濃すぎないエリア(跳ラバエリアと一緒)で、一度モグラジグをしっかりとウィードの中に入れます。
ここが一番のキモです。
ウィードの上にジグがあるとバイトが極端に少なくなります。
通常“跳ラバ”では、ここで一気にジグを跳ねさせますが、“モグラ”の使い方では、跳ねさせずにウィードを感じながら操作していきます。
このパターンは、今ウィードの何処にジグがあるか?と言うことを把握する事が一番大事で、すり抜けの良すぎるジグでもダメですし、逆に引っかかりすぎるジグでもダメです。
そんな中“モグラジグ”はその中間的な操作感があり、このテクニックを使うとき、前山的に無くてはならないジグになっています。
もう一つ“モグラジグ”は、ウエイト設定が細かくあるので、ウィードの密度に合わせてジグのウエイトを自由に変え、状況にあわすことが簡単にできる事も強みになっています。

これもモグラでの50UPです!!!

さて、今度はトレーラーの話をしますねっ。
ラバージグと言えばトレーラーを付けますが、どちらかと言うと皆さんホッグ系をつけるのが一般的だと思いますが、バスが小魚を狙っている時なんかは、ストレート系のワームを付けると反応が良くなりますよ。
僕が考えるジグのラバーの意味ですが一般的には、イレギュラー的な色んな動きを自然に自由に繰り広げられる事が、バスが覚えにくくバレにくいのでは?!等と色々言われていますが、このテクニックではそんな事よりも、フォールの時にラバーがトレーラーを隠してバスから一瞬何が落ちてきたのか、認識させない効果があると思っています。
着底後に急に全体像が出てバスが考える間もなく口にしている感覚があります。
そうでなければ普通のテキサスでも、もっとバイトが無いとダメなので、この使い方にはジグが、それも使用感の良いモグラジグが適しています。

今年はウィードの成長が遅れているのでジグがまだまだ効くと思うので、一度モグラを試してみて下さいね!!!

フィッシングショーでのガイド券が当たった方の
ガイドでの一発です!!!

この日は午前中、雷と雨といった最悪の天気でしたが、午後からは何とか回復し、釣果は厳しかったですが最後まで楽しく過ごせました。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ