IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
釣納め&今年を振り返り・・・

そろそろ釣納めもしなくてはという時期に入ってきていますが、皆さんは釣納めしましたか?
僕はやはり、自分を育ててくれた琵琶湖で釣納めがしたくて、二日間かけて琵琶湖を一周してきましたよ!

前情報では、南湖のクランキングか北湖の数釣りが、調子が良いみたいでしたが、いきなりそのパターンを展開するのも面白くないので、湖北のディープを中心にバスを探していってみました。
湖北のディープではイサザが産卵の為に20M前後に上がってくるのと、スポッツ系のバスが越冬に入りディープに落ちるのが重なって、水深はチョットしんどい深さになりますが、比較的簡単にバイトが得られるのでこのパターンを追っかけてみました。

このパターンでは河口の沖や岬の沖を魚探掛けすれば、いるかいないかがハッキリと解かり絞りやすいので、走っては魚探とにらめっこの繰り返しでバスを探していきます。
釣れそうな場所が見つかれば、この水深をスピーディーに探れる、フラッピンやメタルジグでバーチカルに探っていきます。
これでほとんどの場合反応は得られますが、どうしてもダメな場合は1オンス前後のヘビキャロやラバジでじっくりと探っていきます。

ディープのコロンコロンのバスです!!!
この日も、15Mでバスの反応が結構ありこのサイズが何本か連続でバイトしてきました。

これで気を良くして南湖の巻物パターンも展開してみましたが、バイトがあってもサイズが悪かったりと、引き運勝負みたいな感じがあり、今年のクランクはかなり手ごわい感じがしました。
クランクをメインに展開するのなら、各水深ごとにクランクでしっかりと投げ分け、カラーも色々ローテーションしてかなり細かく展開する必要がありそうですね!!!
例えばアクティバ沖などの4メーター前後のフラットでウィードがパッチ状に残っているエリアなんかでは、ウィードのトップにクランクをタッチさせるのか、抜けてボトムが露出しているところにタッチさせるのかとかで、同じ4メーターフラットでも使うクランクはIK250とIK400位の違いがでてきますよ。


今年もTOP50シリーズにエントリーし年間成績は6位で終わることが出来ましたが、一戦一戦振り返れば、自分なりには満足いく成績は一試合も無く、この辺が来年の課題になりそうです。
元々スタイルが一発屋的な乗るか反るかみたいなドキドキする展開が好きでトーナメントの世界に入りましたが、日本のトーナメントシーンでは、そのスタイルの限界があることには薄々は気付いていました。自分の持ち味を殺してまで成績を残す意味があるのか?此処何年かはそれで悩んでいましたが、さすがに此処まで成績が残せないと割り切るしかなく、今年は我慢の釣もしっかりと身に付け、勝負どころでは自分のスタイルに戻すといった試合展開をしてきました。
この試合運びでトーナメントを戦う上で、付け焼刃的なところが丸見えになり、微妙な成績を残す試合が多く試合が終わってから、あーしとけばみたいな、たらればが多く此処も来年以降の課題ですね。
しかしこのパターンで成績が残せた事も事実ではあるので、こういった展開も、もっと磨きをかけていこうと思っています。

トーナメントのスタイルとかとは違いますが、今年1年一番気を付けた事は、10代や20代前半の頃のギラギラした気持ちを取り戻す事に一番の重点を置いてきました。
年齢を重ねるに従いどんどん、いろんな事が見えるようになり真っ直ぐに先を見ることが難しくなりますが、あえてその部分を見ないようにして、トーナメントだけに集中するようにしてきました。

今年もお立ち台には一度も上る事が出来ず悔しい思いをしたので、来年は必ずお立ちに上がれるように努力しようと思っています。

今年も多くの方に応援してもらい、たくさんの力を貰い此処まで頑張る事が出来ました。

辛い時に掛けてもらえる言葉に何度助けてもらったか解かりません。
本当に今年一年有難う御座いました。


P.S
忘年会シーズンですが体を壊さないようにして下さいね!!!


HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ