IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
シーズンイン!!!

3月の声を聞くと、早い場所や気の早いバス達はスポーニングに向けて確実に行動を起こすようになってきます。
琵琶湖では、大きなワンドの中のワンドの入り口の岬状のサイドにある何かとか、ワンドの中の岬といったような場所でバイトが出るようになってきます。
僕の中での大きなワンドというのは、南湖の全体の事で、この南湖をワンドとして見れるかが、今の南湖でバスを追っかけていく時にはとても重要になっています。
昔は何でこんなとこで?今は当たり前の冬のクランキングで一押しのアクティバ一帯もこの考えで考えると、ワンドの最深部にあるストラクチャー(ウィード)と見れば普通のパターンになりますよね。

そこからバスがどう動いて行くか?を考えればこれからの早春のバスの動きは先ほどのパターンがはまってくるのも、納得できると思います。
完全に春になり、南湖でネストがちらほら確認できる時季になると、沖のフラットにベイトが入りだし、そこに一歩遅れて動き出すフロリダの行動をとる固体がプリで入ってきます。
これが、赤野井沖や北山田沖が爆発する理由ですね。

なぜネストが出来る時季に沖のフラットにベイトが入るかというと、この頃に沖のボディーウォーターの水温が10度を超えてくるからです。
なので沖に出て水温が10度を超えていれば、何処かでこのパターンが成立していると思ってください。
このパターンでは、スーパービックが出る可能性が高いですよ。

これと同じ時期に爆発するのがボディーウォーターに絡む下物の浚渫で、このパターンは、いかに大きな堀残しのフラットを見つけれるかがキーになります。
スポーンを意識しているバスはブレイクではなくフラットを意識しているので、いかに条件の良いフラットを持っている浚渫後を見つけるかで釣れるバスのサイズが決まるといっても言い過ぎではないです。
こんな条件の良い場所を見つけれれば、サマーパターンになるまで釣れ続くので、探し当てた時の喜びは最高です。


こんな時季になるとちょうど服装が中途半端になってきて、何を着ていくか悩みますが、東レから新発売のこのダウンベストがちょうど良い感じに着れる時期ですよ!!!
軽いのにとても温かく、なかなかいい感じのデザインでしょ。


このメッセンジャーバッグも軽くて、内側には仕切りが意外にあるので、色々な物が入るのに、整理しやすくなっています。
とても便利ですよ。
https://netshop.torayfishing.net/tfshop/main

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ