IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
全開の琵琶湖!!!

今年も琵琶湖大爆発が始まりましたよ!
先週は自分でもびっくりするぐらいのデカバス週間になりました。
何がすごいって去年までは65センチを超えるバスなんてめったに出なかったのですが、今年はあちこちから65UP情報が入ってきています。

これは細かったですが立派な65センチのバスです!
ジャバロンリアルカラーのヘビダンでゲットです!

今年の傾向として午前中は巻物への反応が鈍く、午後になって水温が上がってくると反応が出だす日が多いです。
巻物でも連日、60クラスを掛けるのですが、食いが浅いみたいでバラシが多く悩んでいます。

ジンクス3/4オンスでの58センチ、
4キロオーバーです!
 

ジンクスはプロトを手にした時から何かを感じて巻き倒しているのですが、TOP50でのビックフィッシュやザ・ヒットでの価値ある1匹をもたらしてくれたりと、自分の中で最高に信じれるスピナーベイトになっています。
琵琶湖での使用でもクランクしたアッパーアームのお陰でウィードのすり抜けも良く、いままでスローロールしてる時にウィードがブレードにまとわり付いてバイトチャンスを逃がしていましたが、このジンクスでは、そういった事が非常に少なく、釣果も飛躍的に伸びています。

これはスピナーベイトでの65センチです!

このバスは彼と湖上で情報交換している時に釣れたバスですが、こんなサイズのバスが巻物で多く出ているのが今年の琵琶湖の特徴ですね!

もちろんサイトでも60は数多く捕獲されていますが、今年は深い所でスポーンをしている固体が多くめぐり合う事が難しい気がします。
晴れた日にはこんなサイズがサイトでも出ています。

66センチ、楽勝で5キロオーバーです!!!

このバスは3メーターレンジでのサイトで捕獲したのですが、このレンジが見える時は必ずこのサイズが何匹も見る事が出来ます。
見えバスにはやはり、ジャバロンのヘビダンが最高に効きますね!

早いエリアではアフターが釣れ出していて、このタイプのバスにはスタッガーワイド4インチのテキサスやスコーンジグにセットしたり、モジャオのテキサスが有効になっています。

今後5月一杯はこんな調子で釣れ続くと思いますので、自己記録更新には最高の季節がやってきましたね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ