IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
デカバス炸裂!!!

みなさんゴールデンウィークはどうでしたか?
僕は風邪で下痢、嘔吐、発熱でほとんど死んでいました・・・
そんな中でも体調の良い日は湖上に出ていましたが、ビックリするような展開の日が多くドキドキの連続で楽しめましたよ!

今年の特徴として午前中は巻物への反応が弱い日が多く、巻物は午後からみたいな展開でガイドをしています。
そんな中で午前中に好調なのが、モジャオ(ヘアリーホッグ)のテキサスとスタッガーワイド4インチのテキサスです。

テキサスでの60UPです。

午後からの巻物では、ジンクス3/4ozとピラーニャがデカバスに効いていて、数を狙うときにはIK-250やHU-300が好調です。

ジンクス3/4ozでの60UPです。

この2本の60UPは同じ日に出たのですが、ボートでも一日で60UPが2本出る日はほとんど無く、ゲストの方と興奮しっぱなしの一日になりました。

ジンクスでの60UPはカレイド・ワイルドスタリオンバリアントで獲ったのですが、このロッドはワイルドスタリオンよりも強靭なトルクでこのサイズのバスでも何の不安も無く取り込むことが出来ています。

ピラーニャでの58cmです!


勘の良い人ならもう気付いていると思いますが、ジンクスもピラーニャもカラーがですよね!
スポーン期のデカバスには、それもメスのデカイ奴には赤が効く事が多く、前山ガイドではプリ〜アフターまでは出番が非常に多いカラーになっています。

今後の琵琶湖ですが田んぼの水が入ってくることが多くなります。
この水の入っているエリアはどうしても反応が良くなくなるので、水が白っぽい色をしたエリアは要注意ですよ!
これはこの時期特有の水質の水が一緒に入ってくるためで、バスだけでなく他の生き物もこの水のエリアから非難していく感じですね。
また、この水は他にも栄養素が高いので赤潮が発生しやすくなることもあります。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ