IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
TOP50第2戦霞ヶ浦

TOP50第2戦霞ヶ浦も終わり、今はぼーっとした日を過ごしています。
試合後に、こんなにテンションが下がるのは自分のトーナメント人生の中でも始めてのことで、どうしていいか解からずに1週間が経ってしまっています。

何でこんなに下がっているのか自分なりに色々考え悩みましたが、やはり試合の内容が一番辛くこたえているのでしょうね。
今回はプリプラの段階でバスの状態を把握していて、直前プラではそういったエリアを全く触らずに、トーナメント中に煮詰めていく様な展開で進めていったのですが、
この方法が此処まで精神を圧迫するとは思ってもいなく、3日間とんでもない圧迫感の中で試合を進めていました。

初日と3日目は思った通りのエリアとリグでバイトを得られ、何とか結果を出せませたが、二日目だけは自然の流れに合わせられずに撃沈しました・・・。
今回狙っていたバスは、アフターのメスで試合の時はこのバスがタテストやシェードに浮いている状態で、この浮いているバスは他の固体よりサイズが良く優勝に絡めるバスと信じて狙い続けていきました。
このバスは固体自体が少ないのと、引き波や流れに弱くリスクも高かったのですが、この固体をしっかりと狙っている選手が少ない気がしたので優勝を狙うには価値のあるバスと信じていました。

具体的には杭・箆台・テトラ・リーズのエグレなどをひたすら打っていく事で答えを出していっていました。
リグはエグレにはダイナゴンノーシンカー、タテストやテトラではヘアリーホグテキサス、この二つのリグを信じて打ち切っていきました。
この二つのリグはプリプラでいろんなリグを投げても、この二つのリグに勝るものが見当たらず、今回はこの二つのリグのそれもシナモン・ブルーフレークだけを打ち続けました。

結果としては9位と年間順位を考えれば悪くない順位で終われましたが、今回は狙っていたために非常に残念で仕方ないです。
今回のような試合が出来て初めて自分の精神がまだまだもろい事も解かったので、今年の残りの試合に役立てていきたいと思っています。



琵琶湖の方ですが週の半ばに降った雨の影響で、放水が250トンまで増え、北の無酸素の水が流れ込み少し釣果が落ちていますが、放水が止まって水が落ち着けば食いも上がってくるので楽しみですね。

ブリブリの58です!

今年は、トップが好調で、カズラやジンガといった様なガチャガチャ系が好調になっています。

ジンガにボーンが登場です!

もう少しすれば、ジャバロンノーシンカーやスタッガーなどの水面系が良くなってくると思います。

50UPです!

沖のアフターもクランクなどに反応が出始めているのでこちらも要注意です!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ