IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
秋満喫!

最近は琵琶湖に出れる日が多く取れるので、全体を広く見て回ってきたのですが、ターンオーバーが全体に入っているので、意外と難しくなっています。
そんな中でも、湖北はこの前の台風でウィードがほとんど飛ばされていて、ウィードを狙うよりも取水塔や漁礁にバスが固まっている感じで、こういったバスが固まっている場所を見つければ、サイズはばらばらですが、入れ食いを楽しむ事が出来ています。
湖北の漁礁では水深が10m前後の場所が多く、ワームを使ったリグがメインになってきます。
自分の場合は、ジャバスティックのヘビダンをメインに、反応が良ければゴブリンでサイズUPを狙っていく事が多いです。 
逆に反応が悪ければラインブレイクのリスクはありますが、スピニングでジャバスティックのネコリグを入れていくと反応が一気に良くなる事が多くあります。


南湖はターンの影響が非常に強く中途半端な食わせは全くと言っていいほど効かない状況ですが、こんな時ほどクランクやスピナベが最強のルアーになる事が多いですね!
クランクやスピナベも巻いていくだけではなく、ウィードを上手く利用してのリアクション使いがキーになってきます。
出っ張ったウィードを利用するのですが、この出っ張った場所が変化にもなっていてバスをストックしている事が多く、ここで色んなアクションを入れて、その日のバスが反応するアクションを見つけていく事がこの時期は重要になっています。
今年の南湖は鮎の流入が多かったのでシャローにバスが残っているエリアが多く、そういった場所では軽めのスピナベへの反応が良くなっています。


イマカツのジンクスはクランクしたアームのお陰でウィードの引っかかりも最小限になっていて、シャローのウィードジャングルでも使いやすく、ストレス無く投げ続ける事が出来ています。
巻物で釣っていく上で、このストレス無く投げ続けれるという事が非常に重要で、こういったルアーでは良いリズムの中で釣りが出来るので釣果も付いてくる訳です。
当分の間はこういった釣りが効くと思うので、自分なりのリズムを見つけて巻き倒し
て下さいね!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ