IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
琵琶湖的ロッド選択!





琵琶湖で釣りをする時に、どうやってロッドを選択していますか?

前山的ロッド選択として。
南湖では基本的にウィードがあるので、このウィードの濃さや種類と、季節的なバス
の反応を考えて選んでいっています。
例えば春先の巻物なんかは、ウィードも生え初めでそんなに濃くない事と、活性が上
がりきっていないバスがメインになるので、吸い込みが良いロッドを選択することで
ミスバイトを減らしていっています。


ショートキャストやミドルキャストまではハスキーワインダー
ロングキャストではフッキング能力が低下するので、もう少し硬いスタリオンOTMなど
ウィードが生え揃いだして硬さが出てきだしたら、ウィードを切っていく事が必要に
なってくるのと、バスの活性も上がりバイトがしっかりと深くなってくるので、ワンランクしっかりしたロッドを選ぶようになります。


ショートキャストやミドルキャストまではスタリオンOTMロングキャストでは、ワイルドスタリオンやスーパースタリオンやスカイスクレイパーなど。
真夏は巻物の出番は少なくなりますが、巻物の出番があれば上のロッド選択で対応する事ができます。
ワームをメインにするにしても、やはりウィードの生え方や種類そのウィードの密度でロッドは変わってきます。


パンチングでは、ワイルドスタリオンが最適です。
ハネラバもワイルドスタリオンが最適です。
ウィードの少し薄い場所ではスーパースタリオンがベストパンチングもハネラバも一緒のロッドで大丈夫なんですが、パンチングではラインが18ポンド以上に対して、ハネラバでは18ポンドまでで対応するようにしています。

秋になれば、また巻物がメインになる事が多くなりますが、春との違いはウィードが
濃く生えている事と、リアクション的なショートバイトが多発するので、ロッドは春よりも硬めの掛け調子を選択しています。


クランクやバイブなどにはスカイスクレイパー。
スピナベにはワイルドスタリオンかスーパースタリオン。

秋の特徴として本当にリアクションで反応したような超ショートバイトが頻発するの
で、巻物特有の巻き合わせではなく、テキサスやジグの電撃フッキングみたいに、バ
イトと同時に鋭くフッキングして下さいね。

冬は季節的にも難しいのですが、難しいなりに巻物がメインになる事が多く、ロッド
選択も重要になります。

水温が落ちきる前までは、秋の延長でショートバイトが多いので、秋と同じロッド選
択でいいのですが、最低水温を超えて少しでも上昇傾向になれば、バイトも食性に変
わってくるので、春のロッド選択にしていくようにしています。

こんな感じでロッドを選んでいますが、このロッドは何用とかは結構無視して、
ウィードやバイトの深さで前山的には選択する事が多いです。

新発売のスピンコブラも前山的には、琵琶湖で使うとすればスピンクランクといわれ
るスピニングの巻物よりも、ネコリグやジグヘッドワッキーに最適なロッドですね。

長さと張りでウィードも切っていけるし、掛けてからも長さのアドバンテージで主導
権を握れるからです。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ