IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
師走!!!

本格的な冬の気候になってきましたね!
トーナメントを主体に一年のスケジュールが回っている生活を何年もしていますが、オフシーズンの冬にこそ、その年の反省や来年に向けての練習や準備を進めています。
今年は身内が入院していて、ここ2ヶ月ぐらい全くバスと触れ合う事ができずに、ストレスが溜まっています・・・。
若いときはそんな事は全く起こらなかったのですが、年齢を重ねるごとにそういった事が起こりだしていて、どうしていっていいか自分の中で答えが出せずにいます。
こんな仕事をしている以上、覚悟はしていたつもりですが、トーナメントの無い時期にこんな事が起こるとどうしてもそっちへ時間を割いてしまい、仕事が疎かになってしまっています。
こんな事をここで書く事も、おかしいのは十分分かっていますが、頭の中に釣りが入ってこない現実があります。
それではプロとして失格なのも十分に分かっていますが、復活するまでもう少し時間を下さい・・・

ビワコマットゴールド

さて、琵琶湖ですが前山カラーのピラーニャが好調に釣れているみたいですね。
フィールドニュースでも掛水君がいいバスをゲットしていたりと、好釣果の話がいっぱい入ってきています。
これから寒くなるにつれて、ボディーウォーターにバスが集まりだしバクラトやディープクランクが定番になりますが、暖かい日の午後などは、シャローにデカバスがフィーディングにさしてくるので、そういったタイミングではピラーニャの独壇場になるでしょう。
他にも色んなメーカーからバイブレーションは発売されていますが、なぜピラーニャかと言うと、独特の泳ぎ姿勢に秘密が隠されているのです。

スウェルパールチャート

前重心の為に頭下がりに泳ぐのですがこれが、琵琶湖の冬のシャローに残っている立ち枯れしたフサモやエビモにコンタクトした時の抜けの良さと、抜けた直後の泳ぎ出しが異常に早いために、ここでバイトしてくるタイミングが出来、他のバイブよりも良く釣れるという事になるのです。
カラーも冬の特徴の透明度の高い水には金黒がなぜかデカバスが反応する事が多く、透明度の高い時には迷わず投げて下さいね。
もう一色の方は季節風や雪白で濁った時に目立つカラーなので濁りが回った時にはこのカラーを選んでください。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ