IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
本格始動!

個人的に色々ありましたが、先週からは本格的に琵琶湖に復活し、ガイドを始める事が出来ました。
今年も色んなゲストの方と、楽しい日々を過ごして行きたいと思っていますので、前山ガイドを宜しくお願いします!!!
さて、琵琶湖ですが、先週は今年一発目の大イベントのスポーニングに向けて、めまぐるしく状況が変わって行くと言った状況で、一筋縄ではいかない日々を過ごしていました。
週の頭はメスが活発に反応を示していた琵琶湖も、水曜日からは徐々にメスが口を使いづらくなり、週末にはオスすらも反応が渋くなるといった、例年に無い動き方をしている琵琶湖ですね。
前山流の考え方では、
2月に暖かくなりすぎた為に、バスはいったん動きを始めたものの、3月の冷え込みで動きを一旦止めた固体が多く、4月に入り一気に動き出し、一気にスポーニングに向けて動いた為の現象と考えています。
例年だと、次の大潮、その次の大潮でスポーンする固体が、プリの行動を起こす為に、大潮がらみでは大爆発を起こす事になるのですが、3月の冷え込みでその固体が動き始めるのが遅れている気がします。


しかし、広い琵琶湖では、毎日何処かでデカバスが釣れていて、琵琶湖の懐の広さを改めて感じていますけどね!!!


週半ばまでは、ジャバスティック等のライトキャロのスイミングで、40cm前後のバスを簡単に釣る事が出来、ガイドでもメインのリグになっていました。
そして週末は、さらにスローな展開になったために、ネコリグなどでキッチリと釣っていく事で数は出にくいものの、確実に釣っていく展開になっていました。


朝と夕方はジンクスやピラーニャなどの巻物でメスを捕獲していますが、まだデカバスを追い込みきれていないのか、デカメスには出会えていないのが現状です。
日に日に追い込めているのと、琵琶湖のリズムに体が合ってきているので、そろそろデカバスを捕獲したいと思っています!


4月に若干と、5月はまだまだガイドに空きがありますので、宜しくお願いしますね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ