IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
スポーン開始!

前回の大潮で少ないながら、シャローにネストが出来始めています。
今回のスポーニングの特徴として、例年より水深のある場所でネストを作っているバスが多く存在しています。
サイトが出来る様な水深には、50cmまでのオスが大半で、それ以上の固体はボディーウォーターに絡むエリアのヨレなどがあるエリアで釣れることが多いですね!

ジンクス!

北山田沖などがバスのストックも多く安定して釣れていますが、晴れた日などは同じエリアでアフターを狙った方が良い結果になる事もあります。
アフターを狙う場合は、キャロやライトテキサスなどで、スローに展開する事がキーになります。
アフター狙いで当たれば、ウエイトは落ちるものの、長さは感動する固体がバイトしてきてくれますよ。

ヘアリーホッグ!


前山ガイドでは、プリを追いかける事が多く、ムラのある展開になっています。
プリを狙う場合はジンクスの3/4ozかモグラチャターをメインにしています。
エリアですが、今年は何処にでもいるので、何処がいいとかは日によって違うので、毎日反応の良いエリアとレンジを探りながらの展開になっています。
先週からデカバスをバイトさせてはいるのですが、食いが渋いのかバラす事が多く、60UPを4本もサヨナラしてしまいました(泣・・・)
「ジンクス」や「モグラチャター」のキモですが、メスを狙う場合はウィードトップよりも上を意識する事がキモになっています。
あまりウィードにコンタクトさせすぎると、オスが先に反応してしまうので、完全に中層を意識してメスだけを狙っていっています。

ジンクス!

今年はゴールデンウィークに爆発が起きそうな気配があるので、混雑すると思いますが、事故だけには気を付けてデカバスを釣って下さいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ