IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
今だ!ディープ!!!

今年の変な天候の影響で、今年の琵琶湖は今だに5mや6mの水深でバスが釣れています。
早い時期に見つけていたパターンですが「このバスは春を迎えるとシャローに上がる」と思ってそんなに追いかけていなかったパターン。
しかし、いくらたってもこの水深からバスが抜けない。
しかも、さらにデカバス率の高いパターンになってきていて、最近はこの水深を重点的に狙う時間を作るくらいになっています。
琵琶湖に通いだして20年近く経ちますが、こんな事は経験した事が無く、
どうしていいか?どうなっていくのか?
戸惑ってはいますが、楽しみながら追いかけています!
もちろんシャローにも多くにバスが上がっていますし、ちょっと深めの3〜4mにもいます。
結局「何処にでもいるやん」みたいな感じになっています。
全てのバスを1日で追いかけるのは、時間的に無理あるので、
“その日に反応の良い水深をいかに早く見つけるか”
これが、その日の釣果に大きく影響します。


シャローのバスを素早くサーチするには、ジンクス、スコーン、ピラーニャがベストですね!
ミドルでは、ジンクスやバクラトがベストです!
ディープではモジャオのテキサスや、ゴブリンなどがベストです!
こんな感じで、いかに自分なりのサーチベイトを確立して、素早く対応できるかが、今年は春から本当に大事になっています。
そして、そろそろアフターのバスも日に日に増えてくるので、今年はモザイクシリーズも加わりパワーアップしたクランクもローテーションに入れてみて下さいね!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ