IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
58センチ





先週から引き続き水が厳しい状況で相変わらず食いが悪いのですが、巻物とスローな展開のどちらかで何とかデカイ奴を釣っていています。
日によってどちらかの釣りに反応が変わるので、その日反応の良い方を見つけてやり通す方法が、今のところ自分のガイドのメインになっています。

58cm。ライトリグでした。
1年を通してカナダ藻に南湖が埋め尽くされていて、バスにとって絶好の住処になっているのは間違いなく、他のウィードエリアや浚渫などではかなり釣り難くなっています。 
あとルアーがこのカナダ藻の中で横に引けないことで、バスとルアーが出会いにくく効率が悪く、釣れる時と釣れない時の差がかなりあり、結果としてムラがある釣れないと思ってしまいます。
しかし、冬が近づいてきて水温低下が始まり、カナダ藻も成長が止まってきているので、後はこのウィードが沈んだり、切れて流されたりして水面との隙間が出てくれば中にいたバスが上に出てくるので、そうなれば出会える確立も上がってきてムラ無く釣れると思います。
後は冬になるのが早いかどうかだけと思います。
数釣りなら先週も書いたミドストかスレッジファミリーによるトィッチで釣れています。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ