IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
前山流ビッグバスパターン

先週に引き続き琵琶湖は絶不調なため、今週は、自分なりの秋の琵琶湖BIGBASSパターンを紹介したいと思います。
秋はバスが来たる冬に向かって栄養を取るために色んなエリアや色んなレンジで釣れ、絞りにくいイメージがありますが、自分はメインチャンネルに絡むウィードやマンメイドストラクチャーと水面からウィードトップの間に2mの隙間のあるところをメインにしています。このウィードというのが肝で、両方のパターンともオオカナダ藻であることが絶対条件です。
釣り方ですが、一定層を一定スピードで引けるルアーで攻めていきます。これは秋に限ったことではなく一年中効きます。ルアーですが、過去にデカイのが釣れている確率では、スピナーベイトがダントツです。次にクランクで、バイブレーションが後に続いています。これらを水深や、その日の状況によりローテしています。水温が下がっていくこの時期は、動きや、カラーにかなり敏感になっているのでこまめにローテしていきます。それで結果が出ないときは、無の釣法(スピードゼロ)で、これが究極の一定層、一定スピードです。この釣法をするときは、軽いリグが絶対です。
なぜ?と思うかもしれませんが、それはこの釣法をするときは、状況が究極に悪いため、リグが重いとアタッても乗らない時が多いからです。ネコリグや、ダウンショットや、ジグヘッドでも1/16までの物で、そっとステイさせて上げて下さい。

今回は、スピナーベイトについて紹介していきたいと思います。
スピナーべイトには色んなタイプがあると思いますが、自分はダブルウィローかシングルコロラドしか使いません。
なぜ?
琵琶湖のジュンクリアからクリアな水質の為とアピールの関係からです。
ダブルウィローでも、水温が12度〜16度までと、突然の状況変化のときは、リアをヒルデブランドの8番ブレードに交換したものが最強です。しかしブレードだけだとバランスを崩してキャストしにくいのとブレードが目立ちすぎてのブレードアタックが頻発する為に、トレーラーにスタッガーオリジナルのテールカットやデスアダーなどの自重のあるワームでバランスを取っています。
水温が12度以下の時はコロラドを投げています。これは活性が著しく落ちているバスにコロラド独特のブリブリしてなおかつ水を攪拌するアクションでリアクションって言うか、目を覚まさせて、口を使わすためです。これもヒルデの8番に変えたものが最強です。
アフターの回復から、サマーパターンの間は3/4オンスのダブルウィーローのブレードを逆に1番手〜2番手小さくして、ディープを早巻きで攻めるのも、あまりする人が無くハマるときがあります。
これ以外の状況では3/4オンス〜1/2オンスの間のものを使用しています。しかしほとんどが3/4オンスで、これは自分の中の理論なのですがウィードフラットのデカイ奴ほどプレッシャーに敏感で賢いので、ロングキャストにしか反応しない為です。今までの統計でも60を越えてくる奴ほど、キャストして数メーター以内で食ってきています。55センチ位なら手前でも食いますが・・・
これに先ほどの一定層、一定スピードの組み合わせで、色んなレンジやスピードを試していっています。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ