IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
サ・サ・サ・サイレント!!!

皆さ〜ん、プラグを選ぶとき、音は気にして選んでますか?
一日釣りをして、陸に上がった時に、
「今日は○○のサイレントが良かった!」とかいう話をよく聞きますよね!
そんな状況に対応するべく、IK180・IK250の固定重心モデルがパワーアップ!
サイレントとなって今月、2月末に出ることになりました。
最近は重心移動を搭載したマークIIがメインになっていました。
なので、久しぶりの登場です!

どっちが良く釣れるではなく、状況によって良い悪いがあるので、
使い分けることで、一歩先の釣果に巡り合える様になるのです。


IK-180サイレント


前山流の使い方!!!

・重心移動モデルを使うとき!!!

1.初めて行ったフィールドや、状況がはっきりと分からない時
これは、重心移動の飛距離と音で、広く探っていくためですね。

2.何かに当ててヒラを打たす時や、ライザークランクで浮かす時
ジャークして重心を外し、イレギュラーにヒラを打たす為や、
重心を後方に動かして真っすぐに浮かしていくことが出来ます。

3.どうしても向かい風でのアプローチが必要な時!
これは圧倒的に重心移動が有利です。

4.クランクが持っている潜行深度より、浅く入れたい時
着水時は重心移動ウェイトが後ろに移動しているので、
そのままの状態で巻いていくと、潜行角度が浅くなるからです。


IK-250サイレント

 

・固定重心サイレントモデルを使う時!!!

1.プレッシャーがきつく、自然に近づけたい時
プレッシャーがかかるほど、音やイレギュラーな動きを嫌うから。

2.テトラや何かの穴の中にバスが入り、なおかつ上を見ている時
固定重心では、物に当たった後も、真っすぐに進もうとするので、
穴から軌道がずれないからなんですね。

3.ショートピッチで杭など何かを打っていく時
重心が安定しているので、立ち上がりがいいから。

基本的にはこんな感じで使い分けていますが、
フィールドに出ている時にはその場の直感なども働くため、
何かを感じた時にはこまめに変えるようにしています。

この時期、琵琶湖ではクランクが効く状況が多いので、
自分なりのクランクローテーションを築いてみては!!!

発売は今月2月末になるので店頭でチェックして下さいね!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ