IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
前山流クランキング

前回に続き今週はクランクについて、前山流ですが紹介していきたいと思います。
クランクと言っても、フローティングやサスペンドやシンキングなど色々ありますが、秋はフローティングとサスペンドをメインにしています。
エリア的には、どシャローから、チャンネル沿いの、6メーターディープまでと、さまざまなエリアで投げ倒しています。
使用法も、投げて巻くだけから、ワーミングクランクまで色々あるんですが、秋は巻き続けての使用が一番多いです。
なぜ?
やはり秋は巻き続けて、広く散らばっているバスをリズム良く探って行きたいのと、バス自身も一定層、一定スピードに強く反応するからです。
レンジ別のクランクの選び方ですが、シャローでは比較的ウォブルの強い物を使い、深くなるにつれロールが強いものに変えていっています。
なぜだか解からないんですが、今迄の経験上その方が反応がいいような気がするからです。
後はスピードやルアーやカラーをこまめに変え、その日の当たりを探っていっています。このルアーもやはりある程度やり続けて結果の出るものなので、諦めずに投げ続けてください。
あと、もう少し水温が下がってくれば、サスペンドクランクが効くようになってきます。ウィードを切った時に一瞬ですが浮かずに止まる間がある為、低水温化で動きの鈍くなったバスでも反応しやすいからです。
サスペンドクランクですが、エバーグリーンから出る予定の物をテストしているんですがかなり優等生に仕上がっています。
ただいま、複数のイマカツ・EGサンプルテスト中!

今週の琵琶湖ですが、水温が一気に下がって安定しないためと、昼と夜の気温差がある為に吹く風の影響から、釣果が安定せず、いい日では50前後が5本前後出るんですが、悪い日では、チビが数匹と紙一重になっています。比較的アクティバ〜名鉄間が安定しています。例年どうりだと紅パラ〜浜大津周辺も良くなっていくんですが・・・
後、北湖の数釣りも水温低下と共に、釣り難くなってきているんですが、まだまだ固まっているところでは、三桁ペースで釣れています。ルアーも何でもいい状況から、スレッジファミリーなどに代表されるサスペンドシャッドに反応がよくなってきています。ワーム系では、先日発売されたcoikeにSD-70やアクションゲイラなどの組み合わせが反応が良く楽しんでもらっています。
これからどんどん寒くなっていきますが、水の中はまだまだ秋なので寒さに負けないで頑張りましょう!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ