IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
爆釣モード突入!

やっと本来の琵琶湖の状況になり、あらゆるエリアでバスの反応がもらえるようになってきました。
レンジもシャローからミドルまで、
「どこでもっ」て感じで、自分の好きな水深で釣りをすれば、反応がもらえるような状況です。
今年の傾向として、大潮〜大潮の間に動いているプリが、
大潮を迎えて一気にスポーンに入り、
大潮の間は一気に釣りがスローダウンする気がします。
そんな大潮の時に今年は“セクシーアンクル7インチ”のネコリグで、
良い反応とサイズを選んで釣っていく事が出来ています。

女性でもこの通り!!!


セクアンのネコを使う上でのキモですが、とにかくスローに展開することが大事。
ボトムを常に感じながら操作することで、釣果が倍ほど変わってきます。

54cmのブリブリのメスです。

こんな感じで大潮の間はセクアンの7インチのネコで爆釣することが出来ました!
でも60オーバーが出ていないことに不満が残ったので、
プライベートで60だけに狙いを定めて狙ってきました!
結果、ちょうど60cmですが1本捕る事が出来ました。

プリの60です!!!


この60は流行りのベイトフィネスで捕ったのですが、
タックルはテムジン・クォッドライトにフルーガー・パトリアークのZPIチューン。
ラインは東レ・プレミアムプラスの7lb。
ルアーはセクアンの7インチの組み合わせで捕ったものです。


この他にも多くの50UPや40UPを捕獲しましたが、
とにかく、これからスポーニングが終了するまでの期間は琵琶湖から目が離せませんね!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ