IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
テスト釣行

今年もあと少しで終わりですが、僕は大掃除する暇もなく、あちこち飛び回っています。
先週は、極寒の琵琶湖で吉田プロと二人でプロトロッドとプロトルアーのテストをビデオ撮影、(結果は動画で近日公開予定!)週明けには、またクランクとワームのテストを兼ね、岡山の某レイクへ行ったんですが、ここでも予想外の寒波に見舞われ、なんとスロープのある流入河川が全面凍結で、ボートすら下ろせずに、急遽、陸っぱりでテストをしたりと、忙しくしているんですが、さらにその合間を縫っての忘年会やなんやかんやで体調を崩し気味です。

ロッド&クランクのテスト結果は上々!?
でも無茶苦茶に厳しいです・・・。

さて琵琶湖は、やはり寒波の影響で水温が低下し状況は最悪になっていますが、寒いなりに安定してくれれば、南湖北エリアのチャンネル沿いや温排水やディープのマンメイドなどで反応が出ると思います。
最近ではクランクやフラッピンソニックなどで釣果が出ています。

2年前位から、琵琶湖では冬特有の北西風が滅多に吹かなくなり、かわりに、南西から南東の風が吹く日が多くなっています。このことで湖流が止められ、南湖では濁りが慢性的になっています。
バスの着き場も変わってきていて、濁りの影響が少なく、且つ良質なウィードの残っているディープにバスもベイトも固まって居ることが多くなっています。
具体的には、湖北の水の影響が強い雄琴沖までのチャンネル沿いが水温も若干高く、すべての条件を備えていると思います。
これらのエリアでは、雪解けの入る時期まで水温が安定しているため、豊富にバスをストックしますので、じっくりと狙ってみて下さい。

ものすごく難しい今年の冬の琵琶湖。
でも出ればほとんど50アップ。
皆さん、めげずに釣りに出かけましょう!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ