IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
プリ一陣

始めに!
春本番間じかになり、皆さんはそわそわしていますか?
僕は毎日、湖が気になって仕方ないです。
一度7度台まで落ちた水温も順調に回復してきていて、それに伴いバスの反応も良くなってきています。
しかし、まだ水の中は春になりきってなくて、走りの先発隊が反応している感じです。
毎年の事なのですが、自分が考える一陣のプリスポーンが始まる前に、この先発隊が様子を伺いにシャローを見回りに来て、その後に本当の一陣の群れが4月の頭の大潮で差してくると思っています。
その年によってこの先発隊の数が多かったり、少なかったりしますが、やはり多い年は、冬も安定してシャローで釣れるので、今年は早いのでは?などと勘違いしがちです。
シャローにいるこの先発隊は数が少ないが結構イージーに反応してくるので、巻物をメインにしてのアプローチが効果的です。逆にまだ越冬場付近をうろつく一陣のプリは活性も低くライトリグや、シャッドメインでスローな展開が効果的です。

この事を意識してこの時季はパターンを組むことが多いんですが、前山流では、この先発隊を、ちょっとでも体の温まる巻物メインで広く探っていきます。
けど、シャローだけに急な状況変化には弱くいきなり無反応になったりするので(冷たい風が吹いたときや、寒波が来たときなど)
こういったときは、急な状況変化でもすぐに影響の出にくい一陣のバスをスローに狙っていきます。
こう言うと、難しく感じますが、難しい状況を一個一個考え試行錯誤して答えが出た時は本当に嬉しくなります。
この作業を続けていると一陣が入ってきそうな場所や、着き場が見えるようになるので、シーズン本番にも出遅れることなく釣って行く事が出来ます。

この時季の王道のルアーの一つのサスペンドロングビルミノーや(キラービル、スーパーキラービル、イーター)サスペンドシャッド(スレッジファミリー)などは皆さんも良く使うと思うのですが、もう一歩浅い側でのショートビルミノー(パワービルやM1ミノー)が最近忘れられている気がするんですが・・・。
このレンジを探るルアーは春の王道と言われている割には、若干人気が無く春に意外と有効ですよ。(早い者勝ちです!)

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ