IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
シャロー好調。ロクマルも。

皆さん、こんにちは!
遅れに遅れていたシーズンもやっとと言うか、今回の大潮でシャローに大量のバスが差してきました。
西岸の各ワンド内ではかなりのバスの気配はあるのですが、ゴールデンウィーク特有のプレッシャーで口を使わない気難しいバスが多い感じです。
例年この一週間は、人の少ない場所を探しながら釣っていくといい結果に恵まれることが多いので、面倒くさがらずに動き回っていくのがいい結果に繋がってきます。
パターンも今週に入ってからはマンメイドなどの固い場所から、ウィードメインに変ってきています。
これは、ウィードが生え出した事でバス達が安心して付ける様になったのと、餌になる海老や小魚達がこういった場所に集まることにも関係してきます。
前山流では一年中、ベイトの動きをメインに考えながらバスを追い込んで行く事をメインにしています。やはり餌の多いとこがバスにとって一番居心地が良い環境になってくると思っているからです。
しかし、ゴールデンウィーク中は、プレッシャーが掛かっているバスがメインになってくるので、気圧の高い時は動きの派手なものは避け、スローにスローに動かしていくのが王道になっています。
曇りや雨などの気圧の低い日には、スピナベやバイブなどの巻物で爆発するのもこの時期の特徴です。

リーズフロントでゲストのネコリグにきた、60UPです。

こういった釣りでは、柔らかいロッドだと走り回られ藻化けなどのバラシの原因になるので、スピンコブラやブラッシュシュティンガー等の硬めのスピニングにライトライン(4ポンド 〜5ポンド)を使用すると、バスの動きを止めれ主導権を持てるので、ランディング率が飛躍的に上がるのでお勧めです。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ