IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
3/28(月)漫談ハイテンションガイド!


各社合同ブース。ファンの方で賑わっていました。

吉田さんとオークション進行中!!皆さんありがとう。



TOP50土師ダム戦が雪で中止になり、デビューしそこねかなり残念だった・・・。でも、日曜日に開催されたオークションや各メーカーさんがブースを出し行なったミニフィシングショーなどでかなり盛り上がり楽しく過ごすことが出来ました。また、来てくれたファンの方達との交流はかなり楽しかったです。
次回の旧吉野川戦では、成績で皆さんに盛り上がって貰えるように頑張りたいと思います。

さて、気分を変える為にも、28日(月)に早速ガイドに出陣して来ました。
先週の火曜日以来の琵琶湖と言う事で、そろそろ春本番かと想像し、ゲストの方が雨で沈んでいるにもかかわらず
「巻いたら釣れマッセー爆釣間違いなしデッセー。さー行きましょかぁー。」と一人ハイテンションでした。
とりあえず、浜大津まで南下し、スピナーベイトとバイブで早いエリア回しで探っていきました。
しかし、しかしですよ ”アタリがなぁーーーーーしっ” なんじゃこりゃー!!
「お客さんとりあえずライトリグしてみますーっ」て声をかけると、「そっそうですねー」とかなり不安がった返事が・・・。
ヤバイ信用ゼロですわーと自分も焦ってきました。

しかし、此処からが、前山ガイドの腕の見せ所で、いつもの作戦通り大阪のお笑い攻撃開始で、ボート上を舞台にしての漫談で和やかなムードになった所でもう一度巻き物大会開始です。
漫談が良かったかどうか解りませんが、ここから釣れ出して昼までに7匹のバスに出会えました。

昼、ポパイで休憩していると、イマカツ選抜隊がやって来て釣果の交換をしてもお互い思わしくなく、昼からは、午前中良かった場所にタイミングを合わして走り回りました。
一箇所目のポイントに着くと、な・な・なんと見覚えのあるボートがカメラ構えて叫んでいるじゃありませんか。このバスが55cmアップらしく・・・こちらも気合を入れ探るもアタリも出ず、駄目じゃーと移動し此処からランガンであちこち走り、終わってみれば、30〜52.5cmを10本ちょい。
この時期にしては満足!!!と、言いたいがゲストの方が2匹と0匹という状態で納得出来ない結果でした。

あせりましたが最後はこんな感じに!!
ちなみに南湖西岸では25〜35僂離丱垢越冬から目覚め始めていて、暖かい日には数釣りが可能になってきています。このバスを数釣りたい方には、ジグヘッドによるレベルストロークが最強です!!
プリのエリアと同じ事が多々あるので釣り分けて行かないと、ナーバスなデカメスは釣れませんよー。
釣り分け方と漫談はシークレットなので、聞きたい方はガイドに遊びに来て下さいねー!!!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ