IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
現在のビッグバス2パターン

皆さんこんにちは!
そろそろ梅雨も終わり、夏になろうとしている琵琶湖なのですが、この時期恒例の雷がなるので、雲の動きには充分気を付けて下さい。
この雷が終わると一気に夏本番になるので、水分をしっかりとって、熱中症対策を!

サーモクラインにサスペンドするデカバスパターンですが、晴れた日には釣れ出していて、今週もサイズは53センチだったのですが、ウエイトが3500オーバーと、とんでもないバスが出て来ています。
まだ、はしりでは有りますが日に日にこの気配が出てきています。
このパターンの肝ですが、着底したらピックアップを繰り返して、中層にリグがある時間を増やしていくことが重要です。
ボトムでジクジクすると、バイトは増えるんですが、サイズが恐ろしく小さくなるので、前山流では、フォールだけで釣っていっています。

これ以外のパターンでは、やはりカナダ藻の中へテキサスかラバージグを打っていくのがメインになっているのですが、今年はウィードの生育の状況が遅れていて、チャンネル筋が伸びきっていないためにバスも着き場に困っているみたいで、毎日、日替わりでエリアが変るのをこちら側から合わせていっている様な状況です。
ウィードは晴れれば一気に伸びるのでチャンネル沿いが伸びきれば、このパターンも一気に本格化すると思います。

このパターンでもやはり、ブルーギルっぽい、バークレイのビーストがかなり良い感じにバイトが得られているのですが、アピールを強くしたいときは、コイケを付けてもらうとラバージグとは違ったアピールで、良い感じのバイトが出るので、このリグも今年は要注意かも?です。

ここ最近の夕立と雨で、水位が回復しているのと、瀬田の水門が開いているので、今週いっぱいはチャンスですよ!
それでは、TOP50野尻湖戦に行ってきます。
良い成績を残せる様に頑張って来ますので、応援宜しくお願いしまーす。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ