IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
カナダ藻エリア


八木様の釣ったカナダ藻バスです。



皆さん、こんにちは!
今後も暑さが続くので、水分は多すぎるぐらい取って、熱射病には気を付けて下さいね!
さて皆さん、お盆はどうでした?今年は目立った混雑も無く、良い釣りをした人も多かったんではないでしょか!
前山ガイドでは、あまり良い結果が出なかったのですが、水温の上昇によって、どんどんカナダ藻の中にデカバスは移動していて、釣り難くはなって来ています。
しかし、逆に見つけてしまえば、息の長いポイントになるので頑張って探してみてください。

今年の傾向として、安定しない水位の影響からウィードが生えきっていません。
そういった場所では、1オンスのテキサスよりも、10グラム〜14グラム位のテキサスで十分に入っていくので、こっちが良いときが多いような気がします。

生えきっていないと言う事は、底にしっかりと空洞も出来ていないので、そういった場所ではバスも中へ入らず上に乗っているので、この場所ではラバージグのリフト&フォールが効いています。
生えきっている場所では、もちろん1オンスのテキサスが最強ですよ!
カナダ藻エリアでは、普段より1ランク〜2ランク強いタックルを使って下さいね!
でないとデカバスが来た時にウィードに潜られて悲しい事になりますよー!

カナダ藻エリアのナイスバス
前山流では、基本はガンスリンジャーアマゾンフリップバリスタで、現在、今江さんと共に開発中のテムジン対琵琶湖60アップ専用スペシャルロッド(これがキャスト、アクション、フッキングまで最高に気持ちよく最近ではこればっかりです)にプレミアムプラスの16〜20ポンドの組み合わせを連日ビッグバス相手にテストしています。
このセッティングならグシャグシャのウィードの中から60クラスでも楽々取り込めるので参考になればと・・・!
本気で世界記録?を狙うために開発中のロッドです。

最近は一日のメインを、カナダ藻を中心に回っているのですが、昼間の釣れない時間は、ウィードのハゲたエリアでパワーホグのテキサスやコイケフットボールで数釣りを堪能しています。
サイズさえ気にしなければ、20〜35センチが、1〜2時間で30匹位は釣れるので、一度切れた集中力を復活するには最高の息抜きになっていて、ゲストの方にも喜んでもらっています。
今後は水温が下がりだすまで安定すると思うので、良ければ一度遊びに来てください!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ