IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
湖北好調

皆さんこんにちは!
桧原湖戦では散々な結果に終わり、応援していただいた皆さんには、申し訳ない気持ちでいっぱいで、落ち込んでいたのですが、そうも言っていられないので気分を変えて、ガンガン琵琶湖に出ている前山です!

琵琶湖の方も気難しい季節に入っているみたいで、数は出るのですが、デカバスはかなり難しくなっています。
南湖・北湖共にターンオーバーしだしていて、日々バスの着き場とベイトが変わって行っていて、探せるかどうかが釣果に響いている状態です。
例年通りだと、ターンオーバーの一発目は、全く口を使わなくなるものの、2回目からはバスも馴れるのか、比較的口を使うようになってくるので、ターンしているからといって、変に気にしない方が良いと思いますよ!!!
それよりも、水温の変化の方が大事なので、前日より上がったのか、下がったのか、それを知っているかどうかの方がこれからの秋のパターンでは重要で、上がったのなら、活性が高いのか?
下がったのなら、活性も下がっているのか?それを気にしているだけで、ルアーローテーションも全然変わってくるので、無駄な時間が省けて効率良くなり、釣果にも差が出てきますよ!!!
もちろんの事なのですが、ターン中は水の良いところを探すって事は大事で、そんな所には、バスもベイトも多いので、時間と労力は使いますが、探してくださいね!
傾向として、水の動かないシャローウィードのインサイドなんかが、沖のターンした水をプロテクトしてくれるので、良くなっていたりします。

最近のガイドでは、湖北に行くことが多くなってきていて、数は5メーターより浅い所でトップやライトリグでかなり釣れていて、デカバスはディープの漁礁などにテキサスやヘビキャロで狙っていっています。

やはり湖北に行くと、少々釣果が悪くても、
景色が良くて気持ちよく釣りが出来るのも良いところです!!!
今年の湖北の特徴として、アユやハスやゴリなどのベイトになる小魚が凄く多いような気がするので、バスとのタイミングさえ会えば大爆発しそうな気配が有るので要注意かも!!!
少しの間は湖北をメインにしていくと思うので、変化の方も報告していきたいと思います。

このサイズですが、一日中トップに反応してくれます!!!
P.S 湖北に行く時は急に荒れるので、天気には神経質なぐらい、気を使っていて下さいね。

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ