IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
減水が及ぼす影響





皆さんこんにちは!
今年は、夏からの減水が未だに回復せずに、−60センチ以上と、この時季には珍しいぐらいなのですが、これから春までは、山間部では雪に変わるので、増水はあまり期待できず、このまま減水が続くと思います。
バス達にも少なからず、影響が出ていて、ここ何年か冬になっても、 沖のチャンネルラインにバスが居残る現象が、今年はさらに顕著に現れています。
これは減水によって瀬田川の放水量が減り、湖流が弱くなる事と、冬でもウィードが残っている為に、南湖が巨大なワンドの様な状態になっているからだと考えられます。
そう考えればチャンネルラインなどの沖の深場で釣れるのが、おかしい事では無く、普通にパターンとして当てはめる事が出来ると思います。
この時季定番のベイマウス付近ですが、南湖では、パッとせず、琵琶湖大橋を少し越えた辺りからはちゃんとバイトが出だすなど、この事を証明する様な状態になっています。
この事からも解ると思いますが、ガイドでも南湖では、この事を意識してかなり沖を巻き物で素早く探っていっています。これは、バイトは少ないもののサイズが良いので、朝夕などの良い時間は南湖で巻き倒し、昼間の厳しい時間は北で数釣りと二本立てのプランでまわっています。

今月から、ベイトリールを、お世話になっているピュアフィッシングさんのご厚意により、アブのレボシリーズに変える事が出来たのですが、このリール、コンパクトで手の小さい僕でもしっかりとパーミング出来るのになんとラインキャパもしっかりとあり、巻き物なんかをロングキャストするのにも不安なく使えるので超お薦めですよ!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ