IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
ビッグバスボコボコ

皆さんこんにちは!
冷え込みがきつくなって来ている琵琶湖ですが、ついに南湖西岸エリアではバスがウィードの外に出てきて盛んにフィーディングを開始しだしましたよ〜!
レンジはバラバラなのですが、どのエリアでも共通して食わせの釣りには反応が悪く、クランクやバイブやスピナベに、でかいバスが良い感じで食ってきています。

くればこんなブリブリがド〜ンです!

最近、南湖には無数のハスかワカサギが入ってきていて、バスも盛んにこれらのベイトを捕食していますが、エリア問わずにこのベイトに共通しているのが、中層に浮いていると言う事があります。
水温も10度前後と落ちてきているので、ルアーをボトムに付けたいと思いますが、バスはこの浮いているベイトを狙い、このベイトの層のちょっと下にサスペンドしているので、このバスを狙い食わす事が出来れば、ブリブリのバスが釣れるのですが、ボトムまでルアーを入れてしまうと、エビなどを捕食している、やせたバスが反応するので、前山流ではこのベイトの層にあったクランク(IK180、IK250、HU300、IK400、イーター)をローテーションしていっています。もちろんバイブやスピナベでも良いのですが、狙った水深を引き続けるのが難しいので、これら泳層のはっきりしたクランクできっちりと狙っていっています。

丸呑みです!

この釣りでは絶対的なキモがあってそれは、サスペンドしているバスを狙っているのでこのバスを警戒させない飛距離が重要で、これさえ出来れば後は簡単にバイトしてきますよ!
このロングキャストに欠かせないのが、新製品のスカイスクレイパーでこのロッドは7フィーと11インチというレングスが、異次元のロングキャストを可能にし、さらに遠くでバイトしてきたときにもこのレングスのお陰でフッキングも決まり、遠くで掛けた時に良くあるバラシも激減するので、最近はこれに頼りっきりです。

ボコボコです!

秋〜初冬にかけて毎年の事ですが、バイトが早すぎてフッキングが決まらないことがあるんですが、こんな時はグラスや低弾性のカーボンロッドでは対応できなくて、「バイトがあるのに掛からない」が頻発するので、スカイスクレイパーなどのパリッと張りのあるロッドでバイトの瞬間にしっかりとフッキングしてくださいね!
クランクでそんな事と思われると思いますが、こんなバイトの奴ほどデカイので、しっかりとフッキングしないともったいないですよ!

こんな奴をミスしたらと思うと・・・58センチですが楽勝で4キロUPです!!


こんな感じで、出ればいいサイズでそろい、10キロ当たり前みたいな状態が起きているので、今年最後に一緒に楽しみませんか?

幸せ〜

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ