IMAKATSU
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
spacer spacer
HOME > T-MAEYAMA Biwako Shijuuhatte


 
水温低下時のウィード攻略

皆さんこんにちは!
相変わらずクランクでの釣果が続いていますが、今回は、秋のウィードの話を僕なりに書いてみたいと思います。
此処何年間は、毎年一緒なのですが夏にカナダ藻の下に入っていたバスが、秋になって水温の低下と共に元気が無くなり、カナダ藻が沈み空洞が無くなると、一度ササバ藻の絨毯につき出し、いい環境を求め広く回遊をしだします。(ベイトもこの時季は動き回るので)この頃から巻物に反応が良くなってきます。
しかし、この時は色んなサイズが混ざり合っているので、サイズを選んで釣っていくのは難しく、いわゆる秋の荒食いシーズンといった感じの釣れ方をしてきます。
これが水温の低下と共にササバ藻から、オオカナダ藻やクロ藻につき場が変化してくるとデカイサイズだけを選んでいけるようになってきます。
これは、この藻につき出す頃には水温が10度前後になっているので、小さいサイズのバスたちが動き続けるルアーに反応できなくなり、逆に体力のあるバスだけが反応できるからだと思っています。
ちょうど先週がそのタイミングにはまった感じで、週の半ばまでは、ササバ藻でもいいサイズが反応していたのが、後半になるにつれオオカナダ藻やクロ藻で反応が良くなって、いいサイズだけを、狙いやすくなっていきました。

これはササバ藻で釣れたバスです!

この2種類のウィードですが、オオカナダ藻はこんもりとしたパッチ状になっていて魚探でも探しやすく簡単に見つかりますが、クロ藻はボトムにべったりと生えている事が多く、なかなか見つけにくいので、クランクなどで引っ掛けて探していく事が大事になってきます。
しかし、一度見つけてしまえば、よほどの事が無い限り春まで生えているので、バイトの多い今のうちにこの2種類のウィードがあり、バスをストックしているエリアを見つけれれば、寒い冬も高確率でバスと出会う事が出来ると思います。

いい感じのバイトです!
今の南湖では、井筒沖〜名鉄間がいい感じでこの状態になっているところが多いです!
エリアがこれだけ広いのと、いいサイズのバスはまだ動き回れる状態なので、なるべくウィードパッチが多く回遊の目印というか、パッチでエリアが繋がっている感じのエリアが、いいサイズのバスのストックも多くバイトも多いです。

お・重いっす!

今後は、日に日にこの2種類のウィードが良くなってきますので、バイトの多い今のうちに探してくださいねー!

こんなん釣れました〜!

HOMEProductsK.IMAE Top SecretLove Fish?AbroadField NewsTHE MOVIE NAMAJOHO
J-FUJIKIH-YOSHIDAS-IIDAS-ABEK-MINAMIT-MAEYAMA
Y.OGAWAY-HONDOUB-YOKOYAMAT-MABUCHIY-KOMINAMIY-HOSAKI
Kasumi_InfoIkehara_InfoKasumi Design Project From W.B.S.
このページの先頭へ